SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

【無料カンファレンス開催】デジタル庁データ戦略統括が語る「データ駆動社会に向けた我が国のデータ戦略」

 翔泳社 EnterpriseZine編集部は、2022年12月8日にデータカンファレンス「Data Tech 2022」を開催します。

 同カンファレンスは年に一度編集部主催で開催している、企業のデータ利活用の促進に向けたものであり、今年は「データ活用を実装するとき~持続可能な成長戦略を練る~」をテーマに豪華講演者を招へい。基調講演では、デジタル庁 データ戦略統括 平本健二氏が「データ駆動社会に向けた我が国のデータ戦略」と題して、同庁における取り組みと展望について語ります。

 2021年にデータ戦略を策定した日本では、データサイエンスやAIに注目が集まる一方で、品質の良い十分なデータを確保するための仕組みが十分に整備されていないといいます。そこでデジタル庁では、データモデルや基礎データの整備を推進。紙の様式を前提としていたり、法律や既存業務プロセスで規定されていたりする既存データなどについても、抜本的な見直しが必要だと平本氏は指摘します。

 では、その具体的な取り組み内容とはどのようなものなのか。普段の業務では得られにくい、日本におけるデータ戦略がどのような方針の下で進められているのかを知ることのできる機会となっております。ぜひ、お誘いあわせの上でご参加ください。

Data Tech 2022 データ活用を実装するとき~持続可能な成長戦略を練る~

【基調講演】データ駆動社会に向けた我が国のデータ戦略

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16998 2022/11/22 13:39

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング