SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AIカメラなどを活用して物流DXめざす ソニーセミコンダクタソリューションズとNECが実証実験

 ソニーセミコンダクタソリューションズ(以下、SSS)とNECは、倉庫における荷物の入出荷などオペレーションの効率化をめざし、AIカメラなどのエッジデバイスを活用した物流業界向けエッジAIセンシングソリューションの実証実験を2022年12月から開始したと発表した。

 両社は、倉庫の空き棚スペースをエッジAIにより可視化し、荷物の入出荷に関するデータを掛け合わせることで、作業時間の短縮につながる最適な入庫スペースを作業員にリコメンドするソリューションを開発している。

 本ソリューションは、AIカメラを活用したソリューション構築を支援するSSSのエッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS」と、NECの空き棚スペースを可視化するアプリケーションを組み合わせることで、倉庫環境に合わせて検知精度を持続できるサービス運用をめざすとしている。

物流業界向けエッジAIセンシングソリューションの主な特長

1.「IMX500」搭載AIカメラ設置による省スペース化と取扱いデータ量の抑制

  • 「IMX500」は、小型なチップで撮像からAI検知までを実施。物理的な制約がともなう倉庫で、レイアウトへの影響を最小限に抑えながら、柔軟なAIカメラの設置が可能
  • 検知結果は、荷物に関する意味情報(メタデータ)として後段のシステムに送信。画像のまま送信する場合と比較し、取り扱うデータ量を最小限に抑え、システムの運用コスト削減に貢献する

2.ソリューション開発の効率化と短納期化に貢献:「AITRIOS」

  • 「AITRIOS」が、AI検知に必要となる再学習可能なベースのAIモデル「Base AI Model」を提供。NECはこれを活用することで、倉庫環境ごとに最適なAIモデルを効率的に開発し、ソリューションを顧客に短納期で導入する
  • 「AITRIOS」の環境を使い、遠隔からクラウドを通じたAIモデルの再学習が可能。倉庫レイアウトや照明など現場環境に変更が生じた場合にもAIモデルを再学習させることで、検知率の低下を防ぎ、オペレーションに求められるAI検知精度を維持する

3.ピッキング作業時間の短縮に貢献するアプリケーション

  • 「IMX500」で検知した荷物情報をもとに、倉庫全体の空き棚スペースの情報をモニターに可視化。作業員の能力や経験値に左右されることなく、空き棚スペースの把握が可能
  • 空き棚スペースの情報と、荷物の入出荷頻度や出荷予定日のデータを掛け合わせることで、ピッキング時の作業時間が短縮できる最適な空き棚スペースをリコメンドする

【関連記事】
NEC、脱炭素化を支援する事業で米SINAIと協業を開始
テーマパークやオフィス・工場などの入場が円滑に NEC、「ゲートレス生体認証システム」の開発を発表
NEC、知の創造の場となる「NECイノベーション新棟」を建設へ 25年6月に竣工

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17091 2022/12/09 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング