SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アドビ、教育・DX人材開発事業本部を新たに新設、デジタル人材の育成強化を図る

 アドビは、社長直下の組織として「教育・ DX人材開発事業本部」を新設し、同事業本部の本部長に、小池晴子氏がダイバーシティ&インクルージョン推進担当と兼務する形で就任したと発表した。

 今回の新組織では、デジタル人材の育成に関して学校教育から社会人のリスキリングまで、一貫した取り組みにより支援することを目的としている。具体的には、学校・企業・民間における教育プログラムの提供や開発支援、および産学連携による地域人材育成の支援などを計画。加えて、アドビが特に重要だと考える以下の分野を、デジタルスキル育成の際の注力領域としている。

  • デジタルクリエイティブツールを活用した制作とコミュニケーションスキル(UI/UX、デザイン、写真加工、動画制作など)
  • デジタルマーケティングツールを活用したデータサイエンススキル(データ分析、エンゲージメント管理、顧客体験設計など)
  • デジタルドキュメントツールを活用したデジタルワークフロー実現スキル

 また、同社が従来から取り組んできた教育機関に向けたクリエイティブツールの提供や授業内外での活用支援も行う。さらに、アドビのツールを教育現場で実践活用しているイノベーティブな教員認定組織「Adobe Education Leader」における、授業の実践支援や教員向けワークショップ開催などのサポートについても、新組織では継続、拡大を行っていくとしている。

【関連記事】
アドビとNVIDIAが新たな協業を発表 次世代のジェネレーティブAIモデルを複数共同開発へ
アドビAcrobat Pro の電子契約機能強化を発表  一気通貫で文書管理の課題解決目指す
6割以上がPDFは書き換えられないと誤解 アドビ、日本のPDFファイル利用状況への調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17603 2023/04/07 16:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング