SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

社外取引において電子化伸展か──ウイングアーク1st調べ

 ウイングアーク1stは、企業間取引の電子化に関する実態調査を実施。100億円以上の売上の企業に所属する、請求書関連業務に携わる会社員531名を対象にしたものだという。

半数の企業が、社外取引において電子化が進んでいると回答

 「Q1.請求書や契約書などあなたが携わっている社外との商取引において、どの程度電子化が進んでいますか。」(n=531)と質問したところ、「完全電子化」が7.9%、「80%以上電子化」が19.4%、「50%以上80%未満の範囲で電子化」が24.7%とあわせて、52.0%の企業が社外取引において電子化が進んでいる結果となっている。

[画像クリックで拡大]
社外取引において、2種類以上のデジタルツールを使用しているのは7割、前年から2割増

 Q1で「0~20%未満の範囲で電子化」「社外との商取引には関わってない」以外との回答者に、「Q2.請求書や契約書などあなたが携わっている社外との商取引において、これまで使用したことがあるデジタルツールまたはクラウドサービスは何種類程度ありますか。」(n=371)と質問したところ、「10種類以上」が10.8%、「6~9種類」が16.2%、「2~5種類」が41.5%、社外取引において2種類以上のデジタルツールを利用している企業は68.5%という結果になった。前年の調査から+18.9ptと大きく増加しており、「10種類以上」と回答した企業は10.8%で前年+7.2pt増加しているという。

[画像クリックで拡大]
請求書や契約書の社外取引で7割以上が「ツールの散在」を実感、前年から2割増

 Q2「2種類以上使用したことがある」との回答者に、「Q3.請求書や契約書などあなたが携わっている社外取引において、現在あなたの使用ツールは散在していると思いますか。」(n=254)と質問したところ、「とても散在している」が19.7%、「やや散在している」が54.3%、あわせて74.0%の企業が「ツールの散在」を実感している結果に。前年の調査から+22.0ptと大きく増加している。

[画像クリックで拡大]
半数以上が、電子帳票の保管・管理と受け取りは「異なるツール」

 Q2「2種類以上使用したことがある」との回答者に、「Q4.請求書や契約書などあなたが携わっている社外との商取引において、請求書や契約書など電子帳票を受け取った後、保管・管理するツールは受け取りツールと同一ですか。」(n=254)と質問したところ、「同一である」が40.6%、「異なるツールを使用している」が55.5%という回答となった。前年から+10.7ptと大きく増加している。

[画像クリックで拡大]
異なるツール使用で、9割以上が「業務効率が悪い」と実感、前年から1割増

 Q4「異なるツールを使用している」との回答者に、「Q5.異なるツールを使用していることで、社内の文書管理・確認業務の効率が悪いと感じたことがありますか。」(n=141)と質問したところ、「何度も感じたことがある」が43.3%、「数回感じたことがある」が47.5%、あわせて90.8%の企業が「業務効率が悪い」と実感している結果に。前年から+10.0ptと大きく増加しているという。

[画像クリックで拡大]
異なるツール使用で、76.6%が「情報漏洩リスクが高まる」と実感

 Q4「異なるツールを使用している」との回答者に、「Q6.異なるツールを使用することで、文書管理面で情報漏洩リスクが高まると感じたことはありますか。」(n=141)と質問したところ、「何度も感じたことがある」が26.2%、「数回感じたことがある」が50.4%、あわせて76.6%の企業が「情報漏洩リスクが高まる」と実感している結果になった。前年から+13.0ptと大きく増加している。

[画像クリックで拡大]
半数以上が、企業間取引における業務で、ログ/行動履歴が追えない経験あり

 「Q7.企業間取引における業務で、ログ/行動履歴が追えない経験はありますか。」(n=531)と質問したところ、「何度もある」が32.8%、「1~2回程度ある」が23.4%という回答になった。

[画像クリックで拡大]
ログ/行動履歴が追えないことは、8割以上が内部統制面でリスクを実感

 Q7「何度もある」「1~2回程度ある」との回答者に、「Q8.企業間取引における業務でログ/行動履歴が追えず、内部統制面でリスクを感じたことはありますか。」(n=298)と質問したところ、「何度も感じたことがある」が35.6%、「数回感じたことがある」が50.7%という回答となっている。

[画像クリックで拡大]

【関連記事】
インボイス対応中は41.0%に上昇 ウイングアーク1stがインボイス制度に向けた対策調査結果を発表
半数の企業が属人的なデータ活用 ウイングアーク1stがDX人材およびデータ活用の実態調査を実施
ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」、製造業向けソリューションを提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17680 2023/04/25 19:33

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング