SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine編集部ではイベントを随時開催しております

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイバートラスト、「AlmaLinux OS」の開発に参画へ 米CloudLinuxとの協業も発表

 サイバートラストは、CentOS Linuxの後継として注目されるLinux OS「AlmaLinux OS」を運営する「The AlmaLinux OS Foundation」に日本企業として初めてプラチナスポンサーとして参画し、コミュニティメンバーと協働してAlmaLinux OSの共同開発を行うと発表。合わせて、日本法人のAlmaLinux OSユーザーを対象としたサポートサービスの提供に向けて、米CloudLinuxと協業することも明かした。

画像を説明するテキストなくても可

(左から)サイバートラスト 執行役員本部長の吉田淳氏、

The AlmaLinux OS Foundation The Board Directors Chairのベニー・バスケス氏、

サイバートラスト 代表取締役社長の眞柄泰利氏、

CloudLinux 創業者/CEOのイゴール・セレツキー氏、

サイバートラスト 執行役員本部長の鈴木庸陛氏

 サイバートラストは20年以上にわたる国産Linux OS「MIRACLE LINUX」開発の知識や経験を活用し、AlmaLinux OSの開発方針や今後の方向性に関する議論、策定に加わる。合わせて、同社社員がAlmaLinux OS開発に参加することを支援するという。AlmaLinuxコミュニティの継続性を強化することによって、ユーザーメリットを最大化し、すべてのLinuxユーザーに向けて安定して継続的な提供を目指すとしている。

The AlmaLinux OS Foundation Chairのベニー・バスケス氏のコメント

 このたびのサイバートラストとのパートナーシップにより、MIRACLE LINUXとAlmaLinuxのコミュニティがもつ専門知識や革新性、オープンソース技術への共通のコミットメントを結集することで、日本のLinuxエコシステムを向上させ、その潜在能力を最大限に引き出す機会を提供することができます。私たちは、日本のオープンソースコミュニティのユニークな創意工夫を受け入れながら、創造性、コラボレーション、成長を促進するエコシステムを一緒に育成していきます。

 また、CloudLinuxとの協業により、長期にわたって継続して迅速なセキュリティアップデートを提供する新たなOSSセキュリティサービスを展開し、国内法人システムにおける安心・安全なLinux運用を実現するとしている。

画像を説明するテキストなくても可

 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の代表的なクローンOSである「CentOS Linux」は、安定した実績から日本国内でも多くの企業が利用中だ。しかし、開発元のCentOS Projectは、CentOS Linux 8の開発を2021年12月末に終了し、CentOS Linux 9はリリースせず、今後は「CentOS Stream」の開発にフォーカスすることを発表。加えて、CentOS Linux 7は、最低限必要とされるセキュリティ対策用のパッケージのリリースを想定したメンテナンス更新が2024年6月30日に終了する。後継OSの選定やシステム移行などの課題を持つ企業ユーザーが多くいるという。

 サイバートラストはこれまで、CentOS Linuxを利用している企業ユーザーに向けてシステムの運用継続を支援する方針のもと、RHELクローンの国産Linux OSであるMIRACLE LINUXのライセンス無償化や、CentOS延長サポートなどを提供してきた。CloudLinuxは、非営利組織のThe AlmaLinux OS Foundationを立ち上げ、CentOS Linuxの後継OSとなることを目指してAlmaLinux OSの開発を支援してきたという。

 今回の協業により、両社のLinux OS開発における知見やサポート提供の実績を活かして、全国130社のパートナーとともに、日本国内の法人Linuxユーザーに向けて、AlmaLinux OSのサポートサービスを6月1日より提供開始する。最大16年の長期サポートで、AlmaLinux OS のパッケージアップデートやセキュリティパッチの提供、日本語での技術サポートにより、長期にわたるLinuxシステム環境の運用を支援するとした。さらに、OSを停止することなくカーネルのアップデートを可能にするライブパッチサービスや、米国立標準技術研究所 (NIST)によって策定された最新の情報処理標準規格「FIPS140-3」に対応するサービスもあわせて提供する予定だ。

【関連記事】
東京システムハウスとサイバートラスト、「メインフレーム移行支援サービス」提供に向けて協業へ
サイバートラスト、RHEL9互換のLinux OS最新版「MIRACLE LINUX 9」を無償公開
サイバートラスト、「MIRACLE System Savior」のRHEL9対応を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17784 2023/05/23 17:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング