SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

約9,000人が参加する「情シスSlack」のサイバーセキュリティ版が誕生

 サイバーセキュリティ連盟は6月8日、サイバーセキュリティに特化したコミュニティ「Cyber-sec+(以下、Security Slack)」のローンチイベントを開催した。約9,000人のコーポレートエンジニアが参加するコミュニティ「情シスSlack」の兄弟版という位置づけで、同コミュニティを運営する日本ビジネステクノロジー協会も運営に参画するという。

画像を説明するテキストなくても可

 冒頭、サイバーセキュリティ連盟 代表理事の小池敏弘氏はSecurity Slackについて「日本最大級のサイバーセキュリティ特化コミュニティにしたい」と意気込みを述べた。

 続けて、同連盟 事務局長の西澤将人氏がSecurity Slackについて説明。情シスSlackのように、ライトなQ&Aを通して参加者同士で不明点を共有し合う場を想定しているという。参加者は、回答を積み重ねることで自己ブランディングにもつながるとした。西澤氏は「参加して見るだけでも知識を獲得できる。まずは参加してほしい」と呼びかけた。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 日本ビジネステクノロジー協会 代表理事の岡村慎太郎氏は、情シスSlackの運営経験から「一般にコミュニティでノウハウレベルのことや社内情報などを共有することは、セキュリティルール違反・情報漏洩にあたると思われがちだが、実際は何となく社外秘情報だと思い込んでいるだけ。社外に共有できることは多く、そういった情報こそ実はとても価値がある」とコメント。

 なお、Security Slackは匿名で参加可能で、サイバーセキュリティ連盟のホームページで参加を受け付けている。

【関連記事】
NECが「web3コミュニティ」を開設 2023年4月より共創パートナーの募集を開始
SOMPOホールディングス、退職者との関係維持のためコミュニティ創設
NEC、5G利用環境を共創するコミュニティハブを開設 顧客やパートナーによる社会実装研究を促す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

小山 奨太(編集部)(コヤマ ショウタ)

EnterpriseZine編集部所属。製造小売業の情報システム部門で運用保守、DX推進などを経験。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17870 2023/06/09 17:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング