SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AI inside、「AnyData」の提供開始 コンサルティングチーム「InsideX」も発足へ

 AI insideは、AI統合基盤「AnyData」の提供を開始。あわせて、経営層向けAI実装コンサルティングチーム「InsideX」も発足させた。

 「AnyData」は、構造・非構造化データを一元管理し、データマートを生成する「データ基盤」、データ前処理や新たなAIモデルの生成・評価を行う「学習基盤」、性能監視やデータガバナンスも含めセキュアなAI運用を可能とする「運用基盤」まで、AI開発・実装に求められる基本機能を包含しているという。各基盤が連動することで、実装後のAIはリアルタイムでのメンテナンスが可能。これにより、AIライフサイクルの適切な管理と継続した改善を実現したAI運用を行えるとのことだ。

 なお、「学習基盤」は、同社が提供してきたノーコードAI開発・運用ツール「Learning Center」を統合したものであり、引き続き「AnyData」の一機能として提供するという。

 また、「InsideX」では、「AnyData」や生成AI・LLMを活用した支援、全社最適・新規事業創出につながる本質的なDXやデータドリブン経営の実現に貢献するとしている。

 今後同社では、パートナー企業と共同でAIモデル開発を行うことで、汎用AIソリューションを量産・販売する計画だという。

【関連記事】
オートメーション・エニウェア、生成AIを活用できる自動化プラットフォームを提供
ラック、生成AIを全社員が業務に活用 「GAI CoE」立ち上げなど環境を整備
AI inside、140億パラメータの日本語LLMサービスα版を提供──「XResearch」創設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17879 2023/06/12 18:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング