SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SASE関連サービスを導入する国内企業は4割程度──ガートナーが調査結果を発表

 ガートナージャパン(Gartner)は、国内の企業ネットワークに関する最新の調査結果を発表した。

 同調査は、国内企業のITリーダーを対象に、2023年4月に実施。セキュリティ・サービス・エッジ(SSE)やソフトウェア・デファインドWAN(SD-WAN)など、SASEに関連するテクノロジの導入動向について尋ねたところ、テクノロジによる違いはあるものの、SASE関連の各種サービスを導入する企業の割合は、4割程度であることが明らかになったという。

図1.SASEの導入動向<br/>[画像クリックで拡大表示]
図1.SASEの導入動向
[画像クリックで拡大表示]

 同社バイスプレジデントアナリストの池田武史氏は、次のように述べている。

 「最新の調査結果は、2022年の同時期に実施した調査からわずかに増加となりました。急速に採用が進んだ2022年までと比較すると、いったん落ち着いた状況になっている可能性がありますが、今後、新たに、あるいは追加でSASEの各機能の導入を検討する企業は引き続き増えてくるとみられます。企業は、在宅勤務やパブリック・クラウドなど、インターネットを介して発生するトラフィックの増加をセキュアにオフローディングする必要がありますが、こうした課題に直面している企業は早急に自社での導入計画を立てることが肝要です」

 一方、国内企業が採用している、および今後新たに採用予定のネットワーク関連テクノロジについても尋ねたところ、調査対象の半数以上の企業が、無線LANやWAN回線、インターネット接続などを既に導入していると回答。そのうち今後も増強予定と回答した企業が2割程度となった。

図2.国内企業のネットワーク・テクノロジの採用状況<br/>[画像クリックで拡大表示]
図2.国内企業のネットワーク・テクノロジの採用状況
[画像クリックで拡大表示]

 半導体不足やサプライチェーンの混乱およびインフレなどの影響による機器調達の遅れやコスト増、働き方の多様化により、従来のオフィスでの無線LAN設備の規模縮小を検討するITリーダーも少なくないという。

 そうした中、パブリック・クラウドを使った様々なサービスの利用が増加、あるいは、より高速で快適なネットワーク環境を求める従業員の声を反映し、国内企業が様々な拠点でのネットワークの増強に向けた取り組みを進めていることが明らかになったとしている。

 池田氏は次のように述べている。

 「今後もトラフィックの増加や利用の多様化が進む可能性が高いため、まだ旧態依然としたネットワークのままとなっている企業は、そのアーキテクチャやテクノロジの選択を含めた、ネットワーク計画の見直しに着手することが重要です。特に、ネットワークの構築や運用に携わるリーダーには、単に機器や回線の状態を把握するだけではなく、トラフィックの振る舞い、すなわちユーザーが、快適かつセキュアにアプリケーションやサービスを利用できているかを把握し、対処することが、今後、より一層求められるようになります」

【関連記事】
国内企業において各種プラットフォームの利用が加速──Gartner調査
世界のCEOら、自社の業界に最も大きな影響を及ぼすテクノロジーに「AI」と回答──Gartner調べ
Gartner、ITリテラシー向上のために企業が取り組むべき4つのアクションを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17942 2023/06/22 17:25

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング