SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

損保ジャパン、約800台のシステムバックアップにVeeam採用 約30%のTCO削減

 6月21日、Veeam Software(以下、Veeam)は、損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)が、保険契約関連業務システムをMicrosoft Azureへ移行する際のシステムバックアップに「Veeam Backup for Microsoft Azure」を採用したと発表した。

 損保ジャパンでは、保険契約関連業務システムのパブリッククラウド移行に着手。同システム群は、保険商品の契約から保険料の収納、事故等の受付、保険金の支払いまで、あらゆる業務で利用されるという。今回「Veeam Backup for Microsoft Azure」の導入により、システムバックアップ環境を統一することで、個別投資が不要となり、Azure Backupを利用した場合と比較して9年のTotal Cost of Ownership(TCO)で約30%の費用削減が見込まれるとしている。

 損害保険ジャパン IT企画部 システムリスク管理グループ リーダー 山田秀徳氏は、「損害保険会社は社会的に重要な役割を担っていますので、安心・安全で高品質なサービスを常にお客様にお届けする必要があります。VeeamによるAzureネイティブのバックアップ・復元機能、検証機能を活用することにより、Azureを最適化しながら、保険契約関連業務システムをより高いレベルで保護できるようになります」と述べている。

【関連記事】
ランサムウェア被害にあった企業の76%が身代金支払うも、24%はデータ復元できず──Veeam調べ
グローバルで2桁成長を達成――Veeam 2021年第2四半期業績
『Veeam Backup & Replication v11』発表、継続的データ保護を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17947 2023/06/23 11:32

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング