SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

New RelicがAmazon Security Lakeと連携、75以上のAWS連携機能に追加

 New Relicは、米国時間5月31日にAmazon Security Lakeとの連携を発表した。

 同連携によりユーザーは、アプリケーションパフォーマンス監視データに加え、New Relicに統合されたセキュリティログデータとイベントを確認することで、セキュリティの状態を継続的に管理できるという。その結果、New Relicプラットフォームでのテレメトリデータ統合は促進され、新しいエンジニアチームもより容易にオブザーバビリティを導入できるとのことだ。なお、このAmazon Security Lake連携は、75以上の既存のAWS連携機能に新たに追加されるとしている。

 また、同連携により、AWSのユーザーは複雑なマイクロサービスインフラストラクチャ全体にわたる複数地域、複数アカウントのデータを収集。そのデータをNew Relicのプラットフォームに統合し、監視できるようになったとのことだ。

 New Relicは、同連携の利用用途として以下を想定しているという。

  • CloudTrailログからの洞察:実行されたアクション、関連リソース、イベント発生を、New Relicのデータとともに特定、対応し、異常な動作を検出する
  • DNS監視:Security LakeからRoute 53のデータをNew Relicのダッシュボードに取り込み、ドメインやサービスへの攻撃を検知、解決する
  • より詳細なセキュリティの洞察:Security LakeからSecurity Hubの結果を取得し、セキュリティに関する発見をエンティティに相関付けて解析ダッシュボードを構築。そこで新たに検知された脆弱性へのアラートを設定し、平均検出時間(MTTD)と平均解決時間(MTTR)を短縮する
  • サイロを排除してレスポンスを迅速化:New Relicオブザーバビリティデータとセキュリティデータを1ヵ所で相関付けることで、DevOps、IT、セキュリティチームがコンテキストと可視性を得てリアルタイムで協働し、セキュリティリスクを低減する

 New Relicは今後、セキュリティのコンテキストと専門性を生かして、問題の発見、修正、検証を行い、既存のAWSサービスを強化していくとしている。

【関連記事】
New Relic、脆弱性管理機能を追加 セキュリティをオブザーバビリティに統合
クラウド移行を進める電通、基幹業務システム/共通基盤システムに「New Relic」を採用
CTC、SaaS型のオブザーバビリティ・プラットフォーム「New Relic One」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17968 2023/06/27 16:42

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング