SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Technosoft Automotive、「Dynamics 365」ベース製品で日本に本格参入

 2023年7月3日、マイクロソフトオートモーティブクラウドのプロバイダーでもあるTechnosoft Automotiveは、日本市場におけるビジネス本格展開に係る記者説明会を開催した。

 同社は、オートモーティブ業界に焦点をあてた形で2012年に始動。CRMベースのディーラーマネジメントシステム(DMS)を構築しており、「常に顧客を中心とした製品提供を重要視している」と同社CEOを務めるFredy Tan(フレディ・タン)氏。東南アジアをベースにビジネス展開する中で、約2年前からオーストラリアやトルコなどにも進出しており、現在は東京を含め10ヵ国にオフィスを構えているという。

Technosoft Automotive CEO Fredy Tan(フレディ・タン)氏
Technosoft Automotive CEO Fredy Tan(フレディ・タン)氏

 自動車小売業においてチャネルの多様化が進むなど顧客の行動様式が変化している中、“新たな顧客体験”を実現できるシステムが求められているとして、「Microsoft Dynamics 365」をベースとしたOEM/カーディーラー向けクラウドソリューションの日本市場での本格提供を発表。タン氏は、「日本市場では、特にデータセキュリティやデータプライバシーなどに留意した形でのデータプラットフォームが求められている」とし、SaaSならではの柔軟性、定期的なアップデートはもちろん、堅牢なAzure上に構築されているとセキュアであることを強調した。

 「OEMの海外展開が活発なことはもちろん、アメリカと中国に次ぐビッグマーケットでもある。生産性やサービスレベルが高い日本市場でビジネスを展開することで、そこで得られた知見を他国で活かすこともできる」(タン氏)

 また、Technosoft Automotive COO兼Technosoft Japan Presidentの吉島良平氏は、日本市場において事業再編が加速しており、CFPをはじめとする社会課題への取り組みなどが求められている」として、日本のOEM海外展開をサポートし、レガシー化した国内のDMSに変革をもたらすと話す。モノリシックなシステムではなくコンポーザルなシステム構築を得意としており、CRM上に構築しているためカバレッジの広さが強みだとした。なお、在庫の受払データをDynamics365 ERPに連携でき、Power Platformでのローコード/ノーコードによる個別開発も可能。担当者別のアプリケーションなども用意しているという。

Technosoft Automotive COO兼Technosoft Japan President 吉島良平氏
Technosoft Automotive COO兼
Technosoft Japan President 吉島良平氏

 吉島氏は、ダイレクトメールの文面作成などでOpenAIが活かせると言及すると、OEM/ディーラー側との連携強化はもちろん、日本市場におけるローカライズ対応にも注力していくとして「データを有効活用する仕組みに限らず、業界横断的なデータの可視化、カーボンフットプリントへの対応などについても、データ連携基盤の提供を通してサポートしていきたい」と述べた。

 次に、日本マイクロソフト 執行役員 常務 モビリティサービス事業本部長を務める竹内洋二氏は、OpenAIの活用について議論が進んでいるとして「マーケティングにおける活用が進んでおり、アフターセールスの簡素化なども行われている。Technosoftでも活用してもらえる」と述べる。自動車業界の制度対応の負荷軽減に寄与するため、DMSの簡素化と並行しながらローコード/ノーコードを取り入れてタイムリーに必要なソリューションを提供していくことが求められており、同社も協力していくとした。

日本マイクロソフト 執行役員 常務 モビリティサービス事業本部長 竹内洋二氏
日本マイクロソフト 執行役員 常務 モビリティサービス事業本部長 竹内洋二氏

 「どこからどこまでを競争、協調領域としていくかを重要視している。日本マイクロソフトとしても協調領域に関しては画一的な取り組みができるよう、プラットフォーマーとしてTechnosoftのようなエコシステムパートナーと協力して提供することで、OEM事業の投資対効果、費用対効果を高めていく。業界そのものの変革が待ったなしとされている中、生成AIや市民開発といった新たな技術でエンパワーメントしていきたい」(竹内氏)

【関連記事】
カインズ「Microsoft Dynamics 365」でEC刷新 現場作業効率120%に
富士フイルムBI、HOYA子会社「HDS」の買収完了 Dynamics 365の導入支援に新規参入
日立ソリューションズ、「Microsoft Dynamics 365」最新版に対応する3製品を発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18004 2023/07/03 23:46

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング