SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクルら、NEC印西データセンターにOCIへの接続拠点を設置 クラウド活用を支援

 日本オラクルと日本電気(以下、NEC)は、NEC印西データセンターに「Oracle Cloud Infrastructure」(以下、OCI)への専用プライベートネットワークファイバー接続を実現する「Oracle Cloud Infrastructure Fast Connect」の接続拠点を設置し、7月1日に開設したことを発表した。

 同接続拠点により、NEC印西データセンターは、3つの主要なパブリッククラウドの接続拠点を備えるデータセンターとなり、より高度なクラウド活用を支援するという。OCIを用いたクラウド活用例は以下のとおり。

業務システムのマルチクラウド・ハイブリッドクラウドへの対応拡充

 各クラウド上のアプリケーションやパッケージソフトウェアとOCIのデータベースサービスを連動可能なため、「Oracle Database」の性能や可用性などの利点を提供可能。全国におけるNECのデータセンターを利用する顧客はNECのDC間ネットワークを通じ、OCIに対してセキュアでクローズな接続が可能になるという。また、NEC印西データセンターを利用する顧客は、低レイテンシでセキュアなマルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境が構築可能だとしている。

マルチクラウド・マルチデータソースを対象とするデータ活用基盤の実現

 Oracle Databaseを使った基幹系システムに格納されたビジネス情報をDXやデータドリブン経営に活用するために、NEC印西データセンターの接続拠点を活用可能。マルチクラウド・マルチソースのデータを、インターネットを通過させることなくデータ活用基盤と連携し、広帯域かつ低レイテンシなアクセスにより、ビジネスに必要なデータを活用できるという。

データ喪失をともなうセキュリティリスクへの対策が可能

 ランサムウェアをはじめとするセキュリティリスクなどに備え、パブリッククラウドとは異なる場所へのバックアップを希望する顧客が増加。NECは、マルチクラウド環境下でデータ保全環境を提供する「NEC Cloud Storage(St)」を6月から提供しており、同サービスとの連携により、バックアップデータなどの大量データを安全に保管可能だとしている。

NEC SVP兼プラットフォーム・テクノロジーサービス事業部門長 須藤和則氏のコメント

NEC印西データセンターに「Oracle Cloud Infrastructure Fast Connect」の接続拠点を開設し、「Oracle Cloud Infrastructure」とのセキュアで高速かつ低遅延なマルチクラウド、ハイブリッドクラウド環境を実現します。NECは、アライアンスと自社製最適化によるハイブリッドITの共通基盤「NEC Digital Platform」を整備し、お客様のDXの加速と事業成長をともに支援していきます。

日本オラクル 常務執行役員 クラウド事業統括 竹爪慎治氏のコメント

このたび、NEC印西データセンターに「Oracle Cloud Infrastructure」の接続拠点を設置することで、セキュアで高速なネットワーク接続が実現できます。この取り組みにより、企業や政府・自治体のお客様におけるミッションクリティカルなデータ基盤を的確にクラウドへ移行し、大規模データのタイムリーな利活用、デジタル・トランスフォーメーションの加速をともに支援していきます。

【関連記事】
兵庫県三木市と日本オラクル、スマートシティ推進に関する官民連携協定を締結
日本オラクル、ガバメントクラウド移行に関与するパートナー企業向け各種支援策を発表
日本オラクルと富良野市、 北海道大学が産官学連携協定を締結 学生と二人三脚で社会課題解決へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18018 2023/07/05 15:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング