SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

大成建設、日立コンサルティングら3社と「建設承認メタバース」共同開発へ

 大成建設は、日立コンサルティング、GlobalLogic Japan、日立社会情報サービスの3社と共同で、「建設承認メタバース-CONSTRUCTION CONTRACT(略称:C2QUEST)-」の開発を開始する。

 今回の開発では、建築物の意匠・構造・設備などのデジタルデータが統合されたBIMをもとに、クラウド上に建築物のメタバースを構築。同メタバース上に発注者などへの説明から仕様の決定といった承認までの情報をはじめ、プロジェクトをめぐる関係者(発注者・設計者・施工者など)間での合意形成に必要なデータや建設承認に至る議事録など、情報を一元管理し、施工現場における業務の効率化や働き方改革に貢献することを目指すという。

 また同システムでは、VRとの融合や承認プロセスのデジタル化などによりプロジェクトの立ち上げから建設承認までの流れを把握できるため、確定情報の明確化によってバーチャル上で建築物を竣工させることが可能。仮想空間上で詳細を確認し、相互にイメージを共有してコミュニケーションの円滑化が図れるため、効率的にプロジェクトを推進できるとしている。

 大成建設と3社は今後、他の建設企業やIT企業などのパートナーとも連携・協調を図りながら、生成AIやゲームエンジンなどの技術を活用した同システムの技術開発を推進。施工現場での生産プロセスのDXを通じて、建設業における次世代の業務スタイルへの変革に取り組んでいくという。

【関連記事】
過去20年分のCO2吸収量を衛星データ分析で可視化、日立システムズがカーボンクレジット創出量を算出
日立、製造業DXを支援するサービス群やクラウド基盤をソリューションとして新たに提供開始
ライフ137店舗で日立「Lumada」活用したソリューション導入、設備保全業務のDX実現へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18371 2023/09/08 14:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング