SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

新たなマルウェアによる1分あたりのサイバー攻撃数は13%増加──BlackBerry調査

 BlackBerry Japan(以下、BlackBerry)は、四半期版「グローバル脅威インテリジェンスレポート」を発表した。

 同レポートによれば、政府機関および公共サービスへの攻撃は世界的に増加し、前四半期との比較において40%の増加が確認されているという。政府機関および公共サービスを狙うサイバー攻撃数では、米国に次いでアジア太平洋(APAC)地域で多くの攻撃を受けたことがわかった。オーストラリア、韓国と並び、日本は最も標的とされた国の1つであったとしている。

 レポートの概要は以下の通り。

  • 1分当たりのサイバー攻撃数が13%増加:脅威アクターは新たなマルウェアを1分あたり平均1.7件展開しており、この数値は前回の四半期版レポートにおける1分当たり平均1.5件から13%増加。攻撃者が防御コントロール回避のためにツールを多様化させている
  • 医療業界と金融サービス業界が多く標的に:BlackBerryは過去90日間に、医療業界全体で10万9922件以上の攻撃を検知・阻止したという。ランサムウェア集団は情報窃取型マルウェアを用い、医療業界の組織を継続的に標的としている
  • モバイルマルウェアが増加:各種金融サービス機関は、スマートフォンを中心としたコモディティ型マルウェア、ランサムウェア攻撃、モバイルバンキング型マルウェアの拡大などにより、持続的な脅威に面している

【関連記事】
日本企業の72%が職場での生成AI使用を禁止する方針と回答──BlackBerry調査
日本における製造部門の83%がサポート対象外OSを使用か──BlackBerry調査
BlackBerryがサイバー防御強化サービスを日本で提供、専門チームの知見活かして攻撃を予防

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18551 2023/10/06 19:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング