SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイバー攻撃の41%が社内の経営層に報告されず──Keeper Security調査

 Keeper Security APACは、「サイバー攻撃による被害調査:インシデント報告と情報開示(Cybersecurity Disasters Survey:Incident Reporting&Disclosure)」に関する調査結果を発表した。

 同調査では、サイバー攻撃による被害の報告に関する体制が整っていないことが示されたとしている。回答者の74%はサイバー攻撃による組織への影響を懸念しているとし、40%が何らかの形でサイバー被害を経験したことがあると回答。一方で回答者の48%は、社外の適切な機関に報告されなかったサイバー攻撃を認識しており、サイバー攻撃の41%は社内の経営層に報告されなかったと回答している。

 攻撃や侵害を経営層に報告しなかったことがあると回答した中の75%は、報告しなかったことに罪悪感を感じていると回答。攻撃や侵害が経営層に報告されなかった理由のトップ3は「批判的な反応を恐れた(43%)」「報告する必要がないと思った(36%)」「報告を忘れた(32%)」であったという。

 また回答者は、組織の経営層がサイバーセキュリティ対応に強い関心を持ち、ITおよびセキュリティチームの役割を理解し、チームによる攻撃の報告と対処に必要なリソースとサポートを提供する必要があるとの考えを示したとのこと。回答者の48%は、経営層はサイバー攻撃を気にかけていない(25%)、または対応しない(23%)だろうとし、回答者の22%は、情報漏えいを報告するための「体制が整っていない」と回答した。

【関連記事】
キーパー・セキュリティ、パスキー管理機能の正式リリースを発表
中小企業における特権アクセス管理(PAM)の導入は43%にとどまる──キーパー・セキュリティ調査
キーパー・セキュリティ、パスキーのサポートを開始 ウェブサイトへの安全なログインが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18556 2023/10/10 17:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング