SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クラウド売上16%増、ブラジル・インドなどで伸びが顕著──SAP 2023年度第3四半期業績

 SAPは、2023年9月30日に終了した第3四半期の財務業績を発表した。

業績ハイライト

 カレント・クラウド・バックログは、19%増の122億7000万ユーロ(固定通貨換算ベースで25%増)となった。SAP S/4HANAのカレント・クラウド・バックログは、58%増の42億ユーロ(固定通貨換算ベースで66%増)だった。

 クラウド売上は16%増(固定通貨換算ベースでは23%増)の34億7000万ユーロとなり、主に、SaaSおよびPaaSのポートフォリオ全体の成長(19%増、固定通貨換算ベースで26%増)がけん引役となった。SAP S/4HANAのクラウド売上は、67%増の9億1400万ユーロ、固定通貨換算ベースでは77%増だったという。

 クラウド総利益はIFRSベースで21%増の25億3000万ユーロ、Non-IFRSベースで21%増の25億6000万ユーロ、固定通貨換算のNon-IFRSベースでは28%増だった。クラウド総利益の伸びは、クラウド売上総利益率の堅調な上昇に支えられたもの。クラウド売上総利益率は、IFRSベースで2.9パーセンテージポイント増の72.7%、Non-IFRSベースで2.9パーセンテージポイント増の73.7%、固定通貨換算ベースでは2.9パーセンテージポイント増となった。

 営業利益は、IFRSベースの場合、11%増の17億2000万ユーロで、Non-IFRSベースでは、10%増(固定通貨換算ベースで16%増)の22億8000万ユーロだった。この増加は、オンプレミス事業の回復力と業務の効率化に支えられたもので、オンプレミス事業に関連する資産計上販売手数料の加速償却によるマイナス影響を補ったとしている。

ビジネスハイライト

 ビジネス変革を推進するために「RISE with SAP」を選択した世界各国の顧客には、ADAC、Alnatura、BC Hydro、Bobst Mex、Constellium、Graybar、日立造船、KAESER KOMPRESSOREN、LG Electronics、LG Energy Solution、PUMA、Siemens Healthineers、University of Leedsなどがある。また、BMW Group、Celltrion Healthcare、バンクーバー市、Schneider Electric、Toll Group、およびUPL Limitedが、第3四半期にSAP S/4HANA Cloudの本稼働を開始したという。

 さらに、Atria、elobau、Leanin’ Tree、Northstar Clean Technologies、PERSSA、Phoenix Global、Tait International、およびZiegler Holdingは、クラウドERPの導入を支援する中堅企業向けのサービス「GROW with SAP」を選択した。

 SAPのソリューションポートフォリオを選択した主な顧客は、Accenture、Adobe、旭化成、BVG(ベルリン市交通局)、Ecovacs、freenet DLS、Fressnapf、Heidelberger Druckmaschinen、Hyundai Motor Company/Kia、Jollibee Foods Corporation、Lenovo、リコー、Salling Group、thyssenkrupp Steel Europeなど。また、Ducati Motor Holding、Gilead Sciences、Hunkemöller、The KaDeWe Group、スイス連邦鉄道、SCOTT Sports、および伊藤忠商事が、SAPソリューションの本稼動を開始したという。

 SAPのクラウド売上の実績は、APJ(アジア太平洋)とEMEA(欧州・中東・アフリカ)地域で特に好調で、南北中央アメリカ地域でも堅調だったとのこと。ブラジル、インド、およびオランダにおけるクラウド売上の伸びが顕著で、またカナダ、中国、フランス、ドイツ、日本、スイスも特に好調だったとしている。

財務以外の見通し

 SAPは、引き続き「お客様のロイヤルティ」「従業員のエンゲージメント」「二酸化炭素排出量」の3つの非財務指標に注力していく。2023年について同社は、次のように予想している。

  • 顧客ネット・プロモーター・スコアで8~12
  • 従業員エンゲージメント指数で76~80%
  • 二酸化炭素のネット排出量で0キロトン、自社の事業においてカーボンニュートラルを実現

【関連記事】
伊藤忠丸紅鉄鋼、SAP S/4HANA Cloudを欧米拠点の基幹システム基盤として本格稼働
SAPジャパン、蓄電池のトレーサビリティ管理システムとの接続めざし機能検証を開始
SAP、生成型AIコパイロット「Joule」を提供へ 11月以降に順次実装

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18640 2023/10/23 17:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング