SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

特殊詐欺などの不正取引をAIで高精度検知、千葉銀行がラックのソリューション導入へ

 ラックは千葉銀行に対し、高齢者からキャッシュカードを騙し取る手口などの特殊詐欺における不正出金や、犯罪者が詐取した資金の受け皿として使用する不正口座への対策として、人工知能(AI)による不正取引検知ソリューション「AIゼロフラウド」を提供することで合意したと発表した。2023年11月からシステム開発・導入を進め、2024年に運用を開始する予定だという。

 近年、特殊詐欺の手口は日々巧妙化しており、2022年の特殊詐欺による被害額は約370億円に達し、依然として高い水準であるとともに再び増加に転じている。また、インターネットバンキングの不正送金被害も2023年上半期時点で約30億円と過去最悪のペースで発生。これら特殊詐欺やインターネットバンキング不正送金の受け皿として犯罪者が使用する不正口座もここ数年で急激に増加しており、国内における金融犯罪は大きな脅威となっている。

 千葉銀行では現在、特殊詐欺や不正口座への対策として、犯罪の疑いが強い取引を検知する不正取引検知の高度化に取り組んでいる。そこで犯罪者が行う取引の特徴などをもとに取引の不正リスクを分析・判定する仕組みにAIを活用するべく、ラックの金融犯罪対策センター(FC3:Financial Crime Control Center)が提供する不正取引検知ソリューション「AIゼロフラウド」において概念実証実験(PoC)を実施。その結果、特殊詐欺における不正取引、および不正口座の検知精度の高さを評価し、今回のシステム導入に至ったとしている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 従来の不正検知の一般的な仕組みでは、利用者の特定の動作を検知するルールが用いられている。具体的には、利用者の銀行口座へのアクセス情報や取引情報などのデータに対し、犯罪者の不正取引時における特定の条件に合致した場合に、犯罪の疑いがある取引として検知する。これに対してAIによる検知の仕組みは、銀行取引の特徴をAIに学習させ、取引行動をAIが分析して不正である疑いを検知するというもの。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 ルールを用いる仕組みでは、人間が設定した特定の条件であるために検知した理由がわかりやすい一方、複雑な条件を設定することが難しいという特徴があるという。これに対してAIを用いる仕組みの場合、取引の特徴を学習したAIがよりきめ細かい観点で分析するため、近年巧妙化を続けている金融犯罪の手口に対して、高い精度での検知が可能とのことだ。

【関連記事】
ラック、「vSphere」ベースのシステムをOCIに移行する支援サービス開始
ラック、生成AIを全社員が業務に活用 「GAI CoE」立ち上げなど環境を整備
ラック、情報セキュリティプランニングをリニューアル 組織規模に合わせた対策を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18783 2023/11/16 17:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング