SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立、AIにより交通状況に関する説明文を自動生成する技術開発 自動車用ソフトウェア開発を効率化へ

 日立製作所(以下、日立)は、自動車メーカーや車載器ベンダー向けに、生成AIを活用し、自動車用ソフトウェア開発の効率化を支援する技術を開発した。

 同技術は、生成AIを用いて、車載カメラの映像から交通状況に関する説明文を自動生成するもの。自動生成した映像の説明文をもとに必要なシーンを自然言語で検索できるようになり、それらのデータと車両の走行データなどを紐づけることで、開発の期間短縮やコスト低減に貢献するという。同技術の特徴は以下のとおり。

  • 自然言語を用いた検索が可能になり、映像抽出時間を短縮:「横断歩道を歩行者が渡っています」などの説明文を自動生成することで、自然言語を用いた検索が可能になる。そのため、映像から必要なシーンを抽出する時間を短縮できる
  • 走行データとの紐づけによる作業効率の向上:交通状況を説明する文章と映像データに、車両の走行データを紐づけることで、ソフトウェア開発者や評価者の作業効率の向上が図れる
  • 分析に利用するデータの品質均一化を実現:生成AIを用いて文章を作成するため、人の能力や感覚に依存しない均一な品質のデータを準備することが可能。これにより、データの利用頻度、再利用性を向上させ、データの利活用を促進する
同技術の概念図<br/>[画像クリックで拡大表示]
同技術の概念図
[画像クリックで拡大表示]

 日立は今後、2024年9月までに、自動車メーカーおよび車載器ベンダー向けに同技術を組み込んだクラウドソリューションの実用化を目指すとともに、他業種での活用も検討していくという。

【関連記事】
日立と養父市、マイナンバーカードを用いた市民向けサービス創出へ オンライン投票選挙の実現など目指す
日立ソリューションズ、IoT機器の脆弱性対策を支援するソリューション提供 「Cybellum」を活用
日立、グローバル規模で組織を再編 OTとITシナジー強化やLumadaのバリューチェーン強化目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18811 2023/11/21 16:25

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング