SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

企業のサステナビリティ推進においてデータセキュリティへの取り組みも重視か──日立ソリューションズ調査

 日立ソリューションズは、1,000名を対象にした「サステナビリティに関するビジネスパーソン意識調査」を実施し、その結果を発表した。同調査は、サステナビリティと「DX」「EX向上」「協創」の3つの取り組みの関係性と、「SX」の重要性の認知度について、ビジネスパーソンの意識を明らかにするために実施したという。

調査概要
  • 調査期間:2023年8月9日~14日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査対象:従業員数300名以上の国内企業に勤めるビジネスパーソンで、課長以上のビジネスリーダー層または経営者・役員1,000名(製造業、情報通信業、建設業、サービス業など10業種)

事業や業務において、サステナビリティの推進(貢献)の重要性を感じているのは約70%

 ビジネスパーソン1,000人のうち、約70%がサステナビリティ推進は重要であると認識している。サステナビリティの重要性についての認知が広がりつつある中、企業経営においても、今後ますますサステナビリティの重要性が高まっていくという。企業は、サステナビリティを推進するための取り組み、企業変革のためのパートナーが必要となってくると考えられるとのこと。また、実際に自身の事業や業務において、サステナビリティを推進している(推進に貢献している)人は、1,000人のうち459人という結果になった。

サステナビリティを推進している人が実際に取り組んでいる分野は、「環境課題 エネルギー管理」に次いで「社会課題 データセキュリティ」が2位にランクイン

 サステナビリティを推進していると答えた459人が実際に取り組んでいる分野は、第1位が「環境課題 エネルギー管理」で36.8%、第2位は「社会課題 データセキュリティ」で31.2%だった。企業のサステナビリティ推進に関しては、環境課題だけでなく、データセキュリティへの取り組みが重視されており、重要な課題になっていることがうかがえるという。

サステナビリティを推進している人の約90%は、事業や業務において「DX」「EX向上」「協創」の取り組みが重要だと考えている

 サステナビリティを推進していると答えた459人のうち約90%は、自身の事業や業務において「DX」「EX向上」「協創」が重要だと答えており、いずれの取り組みに対しても関心度が高いことがわかった。企業がサステナビリティを推進するうえで、これらは無視できないことがうかがえるとしている。

調査グラフ3
[画像クリックで拡大表示]

DX推進、EX向上に取り組む人が感じている課題は、共通して「スキルやノウハウを持った人材の確保」「経営層のコミットメント」、協創の課題で多かったのは「協創相手や協創機会が見つからないこと」

 サステナビリティを推進していると答えた459人では、DX並びにEX向上の課題は共通しており、「スキルやノウハウを持った人材の確保」「経営層のコミットメント」であることがわかった。一方で、サステナビリティを推進していると答えた人のうち、協創にも取り組んでいると答えた394人の協創における課題は、第1位が「パートナーの企業や組織などが見つからない」ことで、2位以降は「利害関係者の合意を得られない、理解が得られない」「協創を支援する制度や施策がない」といった課題が続いた。

調査グラフ4
[画像クリックで拡大表示]

サステナビリティを推進している人でも、「SX」への理解度は約60%。サステナビリティ実現に向けた「変革」については、浸透まで時間がかかる

 サステナビリティを推進していると答えた459人のうち約60%は、「SX」についても理解していると回答。一方で、サステナビリティを推進していないと答えた541人の約80%は、「言葉は知っていても理解していない」「言葉を知らない」と回答しており、「SX」の浸透は道半ばであることがわかったという。

調査グラフ5
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
日立ソリューションズ、IoT機器の脆弱性対策を支援するソリューション提供 「Cybellum」を活用
日立ソリューションズ、企業向けフルクラウド化支援サービスを提供 オンプレの認証をAzure ADに
大学生協事業連合、年間約5億円のIT経費削減へ 日立ソリューションズにより管理システムを刷新

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18816 2023/11/22 12:55

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング