SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータと日本IBM、AI活用した「デジタル従業員」を開発へ 2024年度以降の実導入めざす

 NTTデータと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は12月、保険業界における従業員の生産性向上をAI活用によって実現するための協業に合意した。両社は、仮想知的デジタル・ワーカー「デジタル従業員」の共同開発、戦略的販売モデルの提供および共同マーケティング活動などを通じて、新しいデジタルアセットベースビジネスの共創を進めていくという。

 同取り組みでは、従業員の意図を理解して代わりに業務を実行してくれる同僚のような仮想知的労働者として、保険の営業職員向けデジタル従業員ソリューションを展開。デジタル従業員は「IBM watsonx Orchestrate」を含む基盤モデルおよびAI技術を活用して、従業員と会話しながら業務の目的に応じて多様なツールから最適なものを選択し、従業員の代わりに業務を自動的に実行するとしている。具体的に目指しているデジタル従業員の機能は、以下のとおり。

  • 標準的な保険商品や事務手続きに加え、個社に特化した情報も人に代わって機械学習できる
  • 優れた営業プロセスをモデル化した上でサジェストし、ユーザーの行動変容を促すことができる
  • 短期記憶により直前の指示を踏まえて、ユーザーの性格など個人の特性に合わせたサジェスチョンができる
デジタル従業員の概要
[画像クリックで拡大表示]

 両社は今後、ソリューション開発を進め、2023年度中に保険会社での試験導入を計画。2024年度以降に日本の生損保会社への実導入を目指すという。

【関連記事】
住友精化、基幹業務システムを「RISE with SAP」へ移行 日本IBMとSAPジャパンが支援
Apptio日本法人代表取締役社長に日本IBMの塩塚英己氏が就任、IT投資を最適化へ
日本IBM、地方における女性エンジニアの育成支援に向けてMs.Engineerとパートナーシップ締結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18916 2023/12/11 17:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング