SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、虎ノ門ヒルズに本社を移転 企業の枠を超えた“共創”推進へ

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、1月30日に「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」に本社を移転し、新本社のオープニングセレモニーを開催した。

(左から)キヤノン イメージソリューション事業本部 SV事業推進センター 所長 伊達厚氏
日本アイ・ビー・エム 代表取締役社長 山口明夫氏、
森ビル 取締役副社長執行役員 北林幹生氏

 新本社は、社員の柔軟な働き方や顧客・パートナーとの共創を推進する「フレキシブル・ワークスタイル」を目指して設計されているという。同社は、業界や企業の枠を超えたコミュニケーションによって価値を生み出す「イノベーション・ゾーン」として、新本社の活用を図っていくとしている。

フリーアドレスの業務スペース

 また新本社の開設にともない、IBMの最新テクノロジーを体感できる「IBM Innovation Studio」を旧本社・箱崎事業所から移設。従来の内容から拡張したことを発表した。

 新たなIBM Innovation Studioでは、キヤノンのボリュメトリックビデオ技術を活用して名刺上に3Dで自身の分身を表現できるARソリューションや、360度スクリーンを備えた没入型体験空間など、先進テクノロジーや共創の具体的成果が体験できるという。また、ここから生まれたアイデアを同社の専門家との議論につなげられるよう、ミーティングルームや専門家の知識を共有するエキスパート・ゾーンなどのスペースを設けているとのことだ。

名刺上に3Dで自身の分身を表現できるARソリューション
【画像クリックで拡大】

 同社は今後も、IBM Innovation Studioをはじめとする共創の場やツールの提供などを通じて、顧客やパートナー企業との共創をさらに深めていくとしている。

【関連記事】
日本IBM、空港警備でのAI搭載ロボット活用に向けた実証実験開始へ 警備人材不足の解消目指す
日本経済新聞社、日本IBMの支援により経営基盤にOracle Cloud ERP/EPMを導入
NTTデータと日本IBM、AI活用した「デジタル従業員」を開発へ 2024年度以降の実導入めざす

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19135 2024/01/31 09:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング