SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

BlackBerry、2024年は「AI/ML」を強化へ 生成AIによる解析情報の提供などを予定

 2024年2月21日、BlackBerry Japanは事業戦略説明会を開催した。

 同社は、1984年に創業しており、10年前にケータイビジネスから撤退しており、CYLANCEやQNXを中心としたセキュリティビジネスに舵を切っている。現在、QNXは2億3500万台以上の搭載車があり、CYLANCEではG7すべての政府で採用されるなどの実績があるとして、「AIやMLに関する特許数は同業者他の5倍以上だ」とBlackBerry Japan 執行役員社長 吉本努氏は説明する。

BlackBerry Japan 執行役員社長 吉本努氏
BlackBerry Japan 執行役員社長 吉本努氏

 BlackBerryでは四半期に一度脅威インテリジェンスレポートを公表しており、2023年6月から8月にかけての調査結果を参照すると、ユニークなマルウェアが全四半期と比較して70%増加していると指摘。2024年はイスラエル・ハマスによる紛争などの影響で標的型攻撃の増加をはじめ、RaaSによるランサムウェアの脅威は変わらず、生成AIによる影響も大きくなるとして「1、2年前に比べると中小企業によるランサムウェア被害の報告件数が増加している。被害企業の約9割がウイルス対策ソフトを導入している一方、検出できたとしても感染しているケースが増えている」と吉本氏。EDRなどを導入して検知はできていても、その後の運用に課題があるという。

[画像クリックで拡大]

 こうした調査結果など踏まえ、BlackBerryではサイバーセキュリティ戦略として、マネージドXDR/EDRの強化、ZTNAの強化、インシデントレスポンスサービスなどに注力すると説明(下図参照)。同社は「Cylance」製品群を中心に事業展開しており、これらにも予測型AIと生成型AIをより活用していくと強調。既に独自の数理モデルを活用したAI開発はもちろん、生成AIによってログの解析情報を提供することも予定しているという。

[画像クリックで拡大]

 「Cylance PROTECT」では、10億以上のマルウェアなどに感染したファイルをAIに学習させ、約700万の特徴点を見出しており「ファイルだけでなく、ネットワーク通信にも適用することができる」と吉本氏は紹介。EPPやEDR、ZTNAなどを包括するマネージドXDR「Cylance GUARD」を日本法人でも推し進めていくという。

[画像クリックで拡大]

 なお、日本市場における事例としてデジタルガレージ社が導入していると紹介し、運用負荷が軽減できていると同社 セールスエンジニアリング部 シニアマネージャー 池田企氏。

BlackBerry Japan セールスエンジニアリング部 シニアマネージャー 池田企氏
BlackBerry Japan セールスエンジニアリング部 シニアマネージャー 池田企氏

 また、盗聴やなりすまし対策など、国家安全保障にも寄与できる「SecuSUITE」は、昨年マレーシア政府で導入されており、耐量子暗号を本年追加予定だという。BlackBerry UEMを活用した量子モバイルセキュリティの強化、独BSI認可をApple iNDIGOで取得している最初のMDMベンダーだとも強調した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

1993年福岡県生まれ。京都外国語大学イタリア語学科卒業。ニュースサイトの編集、システム開発、ライターなどを経験し、2020年株式会社翔泳社に入社。ITリーダー向け専門メディア『EnterpriseZine』の編集・企画・運営に携わる。2023年4月、EnterpriseZine編集長就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19259 2024/02/26 10:44

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年6月25日(火)オンライン開催

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング