SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

京セラコミュニケーションシステムら2社、再エネ地産地消事業モデル実現に向けて基本合意書を締結

 グリーンパワーインベストメント(以下、GPI)と京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)は、「再エネ地産地消事業モデル実現に向けた基本合意書」を締結した。

 両社は、地域循環性のある社会経済の構築を通じた本質的な地域活性化を目指し、エネルギーの効率的な利活用モデルやソリューションの構築に共同で取り組むことに合意。具体的な取り組みとして、GPIが保有するグリーンパワーリテイリングが、石狩湾新港洋上風力発電所」で発電した電力を再生可能エネルギー電気特定卸供給により調達。KCCSがその電力を北海道石狩市で2024年秋に開業予定の再エネ100%で運営する「ゼロエミッション・データセンター」へ同発電所由来のトラッキング付きFIT非化石証書を用いて供給する予定だという。

 KCCSは今後、ゼロエミッション・データセンターにおいて「24/7カーボンフリー電力」に取り組むとのこと。太陽光発電所を新設するとともに、石狩湾新港洋上風力発電所の再エネ電源を利用することで、生成AIのために必要なGPU向け電力、そしてデータセンター全体を24/7カーボンフリー電力にて稼働させることを目指すとしている。

再エネ地産地消事業モデルのスキーム(イメージ)<br/>[画像クリックで拡大表示]
再エネ地産地消事業モデルのスキーム(イメージ)
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
京セラコミュニケーションシステム、北海道石狩市でゼロエミッション・データセンター建設に着工
KCCS、標的型攻撃や内部不正から機密情報を守るセキュリティ監視・運用センターを開設
KCCS、クラウドセキュリティサービス「Netskope」を提供開始、CASB製品の市場開拓へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19556 2024/04/15 18:02

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング