SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

三井物産、米国のサイバーセキュリティ事業に参入 Redpoint Cybersecurityを関連会社化

 三井物産は4月24日、米国のサイバーセキュリティサービス事業者であるRedpoint Cybersecurityの持分取得を通じ同社を関連会社化し、米国におけるサイバーセキュリティ事業に参入した。

画像を説明するテキストなくても可
Redpoint Cybersecurityとの調印式

 三井物産は、2001年に100%子会社である三井物産セキュアディレクションを設立後、20年以上にわたりサイバーセキュリティサービス(診断、コンサルティング、監視)を展開。また、海外市場におけるサイバーセキュリティ市場の伸びを取り込むと同時に、グローバル展開する日本企業のセキュリティ対策を支える目的で、2023年4月にマレーシア大手のサイバーセキュリティ事業者LGMSの持分取得を通じて東南アジア市場に進出した。今回のRedpoint Cybersecurityの関連会社化により、米国への事業拡大となる。

画像を説明するテキストなくても可
三井グループとしてのセキュリティサービスカバレッジ

 Redpoint Cybersecurityは、法人を対象にサイバーセキュリティ分野におけるコンサルティング、運用サービスから事故発生時の復旧サービスまで幅広いサービスを提供。特にサイバー被害発生時の調査、緊急対応、復旧支援などのインシデント対応分野に定評があり、主要な保険会社/代理店、弁護士事務所等との連携を通じ、サイバー保険を用いた攻撃被害対処やコンプライアンス対応支援も行っているという。

 出資後は、三井物産の知見、ネットワーク、資本力を活かし、Redpoint Cybersecurityの顧客基盤の拡大、成長加速を実現するとしている。

【関連記事】
Magic Moment、シリーズBラウンド完了で累計調達額20億円に 新規引受先に三井物産
三井物産×KDDI、人流分析のプラットフォームを提供する「GEOTRA」設立 社長に29歳の陣内氏
三井物産セキュアディレクション、DDoS攻撃向けのセキュリティサービスを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19630 2024/04/26 12:05

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング