SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

猿田彦珈琲、経営管理プラットフォームDIGGLEを導入 データドリブン経営と現場の意識改革を目指す

 5月21日、DIGGLEは、猿田彦珈琲が経営管理プラットフォーム「DIGGLE」を導入したことを発表した。

 猿田彦珈琲は事業が急成長する中で、データドリブン経営に基づく体制構築が急務となり、下記項目の実現に向けて予実管理のシステム化を検討していたという。

  • 経営陣が求めるタイミングで瞬時に、さまざまな切り口での経営分析を行えるようにし、経営の意思決定のスピード・質を向上させる
  • 会計データとレジデータなど、財務指標(売上、収益、人件費)と非財務指標(来店者数、坪数、1時間あたりの平均人件費など)をかけあわせて予算策定や経営分析を行う
  • 精度の高い予測を行うために、店舗ごとの予算、実績データの可視化、特徴の把握ができる環境を、早期に構築する

 今回、社内展開にあたり誰でも使いやすいUIである点と、求める機能が十分に備わっている点を特に評価できると判断してDIGGLEを導入。これにより、以下の実現が期待できるとのことだ。

  • DIGGLE上で見たい人が見たい切り口で、経営データを把握、分析できる体制の構築、それによるレポート資料作成の工数削減
  • 中長期での出店計画、事業計画立案にあたっての活用
  • 経営データの可視化による、店舗社員やアルバイトなど含めた全社的な数値意識の向上
  • ロスの最小化、無駄をなくし、投資すべきところに投資ができる管理体制の構築
  • 現場が注力すべき指標を設定し、全てのステークホルダーにとって良い経営を実現しながら事業成長できる経営管理体制の構築

【関連記事】
J.フロント リテイリング、経理業務のデジタル化に向けて「BlackLine」導入
石川県七尾市の恵寿総合病院、Zscalerのクラウド型ゼロトラストソリューションを導入
ライフネット生命保険がIvantiのSaaS型ITサービス管理ソリューションを導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19714 2024/05/21 19:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング