SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

広島銀行、間接費管理基盤としてSAP Concur採用 経費精算の作業をデジタル上で完結可能に

 コンカーは、広島銀行の間接費管理基盤として、SAP Concurを採用した。

 広島銀行では、顧客の利便性向上や地域経済の活性化に向けて「IT、DXによる業務効率化」を推進しており、間接費領域においても業務改革を推進することになったという。電子帳簿保存法への対応だけではなく、経費の精算、承認業務の工数削減、ガバナンス強化、継続的な業務改革支援が可能であることから、SAP Concurの採用に至ったとしている。

 同銀行は、今まで領収書の行内確認をすべて紙で行っていたため、支店から本部に領収書を転送する手間や入力内容を確認することへの工数の負担があり、ガバナンス面の強化の必要性を感じていたという。また、インボイス制度導入にともない、受領した領収書が適格請求書の要件を満たしているか否かを確認する必要があり、担当者の負担増大を懸念していたとのことだ。

 SAP Concurの利用により、申請から承認まで、経費精算に関わる作業をすべてデジタル上で完結できるようになったとのことだ。また、経費に関するデータを蓄積し、分析することで、コスト抑制にも寄与するとしている。

主な導入効果

画像をクリックで拡大

 経費使用者の経費精算にかかる時間や管理部門の経費処理業務時間についても削減される見込みであり、導入後に検証していく予定だという。

【関連記事】
日本IBM、宮崎銀行の融資稟議書の作成時間を95%削減 融資業務における生成AIを共同開発
村田製作所が「SAP Concur」を採用 従業員約3万人が利用開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19885 2024/06/18 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング