SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

25周年を迎えるレッドハット、RAGではない「LAB」によるLLM最適化へ クラウド事業が売上牽引

 2024年6月20日、レッドハットは事業戦略説明会を開催した。

(右から)レッドハット 代表取締役社長 三浦美穂氏、同社 テクニカルセールス本部 クラウドスペシャリストソリューションアーキテクト部 アソシエイトプリンシパル 北山晋吾氏
(右から)レッドハット 代表取締役社長 三浦美穂氏
同社 テクニカルセールス本部 クラウドスペシャリストソリューションアーキテクト部 アソシエイトプリンシパル 北山晋吾氏

 同社は日本でのビジネス開始から25周年を迎えており、「2023年度はコアビジネスであるRHEL(Red Hat Enterprise Linux)、Ansible(Red Hat Ansible Automation Platform)、OpenShift(Red Hat OpenShift)における2桁成長を継続しており、非常に良い結果だ」と同社 代表取締役社長 三浦美穂氏。Red Hat OpenShift Service on AWSなどによるクラウドサービスの拡大、新製品導入なども好業績の呼び水になっていると述べる。

 2024年度においてもRHEL、OpenShift、Ansibleを柱としたプラットフォームビジネスを継続し、クラウドネイティブから“AIネイティブ”な開発・運用環境を支えていくという。具体的には、開発者体験の向上につながるDevSecOpsの支援策として、Red Hat Open Innovation Labsによる開発体制のサポート、開発者ポータルのRed Hat Developer Hubによるノウハウの共有、少人数での運用体制の構築などを行う。加えて、OpenShiftに内包されているRed Hat OpenShift Virtualization、Ansibleを併用することで、「次世代の仮想マシン管理の在り方を提案できる」と三浦氏は強調する。また、次世代ビジネス支援にフォーカスした事業として、Red Hat Industrial Edge Platformによる産業ソフトウェアのモダナイズ、エッジ端末の管理負荷の軽減などをサポート。さらにRed Hat LightSpeedをはじめ、生成AIの適用範囲をOpenShiftやREHLにも拡充するとのことだ。

 同社 テクニカルセールス本部 クラウドスペシャリストソリューションアーキテクト部 アソシエイトプリンシパルの北山晋吾氏は、「現状、人にしかできない業務が多くある。AIモデルの精度がデータに依存している中、企業データや個人データをいかに取り込めるか。内部データをもとに自社のAIを育てられる企業だけが競争優位性を築ける」と述べる。

 AIモデルのトレーニング手法として、RAGやファインチューニングが主流である中、Red Hatは「LAB(Large-scale Alignment for chatBots)」という手法を用いるという。これはLLMの学習データを容易に追加できるよう、Q&A形式で階層的にマッピングするというもの。「OSSと同じ開発スタイルで“企業AI”を育てることができる。AIの民主化だ」と北山氏。IBM Graniteなどをベースモデルとして、追加学習データをInstructLabを用いることでコマンドラインにおいてYAML形式で追加できると説明する。

 Red Hat Enterprise Linux AI環境下で追加データを学習させた上で、Red Hat OpenShift AIにより利用を促進していくイメージだ。最後に三浦氏は、「時代にあわせたプラットフォームをこれからも提供していく」と述べ、足元にある利用可能な技術をパートナーに浸透させていきながら、次世代仮想化プラットフォームへの移行促進、エッジとAI領域の拡充を行うとした。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

1993年福岡県生まれ。京都外国語大学イタリア語学科卒業。ニュースサイトの編集、システム開発、ライターなどを経験し、2020年株式会社翔泳社に入社。ITリーダー向け専門メディア『EnterpriseZine』の編集・企画・運営に携わる。2023年4月、EnterpriseZine編集長就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19913 2024/06/20 19:24

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング