SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立、SOAプラットフォーム製品「Cosminexus V8」の機能強化版を2010年1月28日より販売開始

 日立製作所は、SOAプラットフォーム製品「Cosminexus V8」の機能強化版を2010年1月28日より販売開始する。市場におけるクラウドニーズの高まりに応えるべく、仮想化やシステム連携に関する機能を強化した。

 仮想化関係では、アプリケーションサーバ製品「uCosminexus Application Server」に、業務アプリケーション単位で仮想サーバを一括構築したり、各種インフラのパラメータ設定を自動で行う機能を搭載した。従来、仮想サーバ1台ごとに行なっていた各種作業を一括自動化することで、作業負担や設定ミスの懸念を大幅に軽減する。

 また、業務アプリケーションと仮想サーバの対応関係を可視化し、各種操作をコンソール上から行なえるようにするなど管理機能の強化も行なっている。JP1との連携によって、仮想サーバのスケーリングや起動停止なども可能になる。

 将来的なシステム間接続の多様化や業務データの大量化などに対応するための各種機能も強化している。例えば、SOA実行基盤製品「uCosminexus Service Platform」では、メインフレームなどの既存システムと新規業務システムへの連携を「サービスバス」で容易にしているほか、「SAP ERP6.0」もWebサービスでの接続が可能になった。

 その他、大量のメッセージ処理が可能な「サービスバス」や各種アダプタ・BPELなどを提供することによって、データ制御ロジックや入出力処理を独自開発せずにすむようになっている。

 なお、同社では2010年2月25日に関連製品のセミナーを開催する予定だ。詳細は、Webサイトを参照されたい。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/2138 2010/01/27 19:13

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング