SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データコア・ソフトウェア、IT コアとSANmelodyを使用した「TEV2008」で協業を開始

 データコア・ソフトウェア株式会社は、パートナー企業である株式会社ITコアの「TEV2008」発売開始と共に協業を開始したと発表した。

 「TEV2008」は、データコアのSANmelodyを搭載したストレージサーバ、VMWare ESX Serverを搭載したブレードサーバ、ITコアの仮想化技術ノウハウと運用実績を組み合わせたトータル仮想化ブレードシステム。

 システム全体の仮想化が完了しており、事前の検証やサイジングが不要で、導入期間も1~2ヶ月と非常に短期になる。また、必要機能に応じて、四つのモデルから選択することで、より容易かつ最適な仮想インフラの導入を可能とした。

 ソリューション別の四つのモデルは次の通り。

  • モデルS:無停止運用+災害対策構成(最大VM 数:75)
  • モデルA:完全2 重化の無停止運用構成(最大VM 数:75)
  • モデルB:VM レベルでの高可用性(V-Motion)構成(最大VM 数:50)
  • モデルC:小規模インフラのトータル仮想化(最大VM 数:25)

 各ソリューションをモデル化することで、今まで少なかったSMB 市場向けのエントリーパッケージから、災害対策も可能にする高機能パッケージまで、幅広いリクエストへの対応が可能になったとしている。

 今後、データコアではITコアのセミナー開催などを通じ、商品販売体制への協力を深め、仮想化市場の活性化、仮想化そのものの市場への浸透を図りたいとしている。

DataCore | Storage Virtualization and SAN Management Software

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/235 2007/11/14 16:08

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング