EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

資本・業務提携によりクラウドビジネスを加速 NTTソフトウェアとテラスカイがクラウド事業提携を発表

  2010/09/28 19:51

 NTTソフトウェア株式会社と株式会社テラスカイは、Salesforceビジネスを中心にしたクラウド事業を拡大するため、9月24日に資本・業務提携に関する契約を締結したとを発表した。 9月28日におこなわれたプレス発表では、NTTソフトウェア株式会社の代表取締役社長の伊土誠一氏、株式会社テラスカイの代表取締役社長の佐藤秀哉氏が出席し、両社のクラウドコンピューティングのビジネスの今後の展開について語った。

 今回の提携の内容は、NTTソフトウェアがテラスカイの第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の約10%を保有し、Salesforceをはじめとする「クラウドSI」案件の受注拡大を目指すというもの。

 NTTソフトのSalesforceへの取り組みは早く、2003年にSFAとして導入したことから始まる。「当初はSAPも検討したが、Salesforceの導入に踏み切った。当時は100以上のIDを活用した事例としては国内初だった。その成功体験がクラウド事業への確信につながった」(NTTソフトウェア株式会社 代表取締役社長伊土誠一氏)

 その後2008年、Salesforceと社内システムの連携を行うためテラスカイ社と協業。同社が着目したのは、テラスカイの「SkyOnDemand」という従来システムとクラウドの連携技術。テラスカイはSalesforceの関連技術に特化した技術ベンチャーとして出発したが、現在ではこの分野では大手SIerに引けをとらない大型案件の実績があるという。

 「DCSpiderは、日本のSalesforceの連携アダプタとして最も売れている製品。そのシステム連携をSaaSで実現したSkyOnDemandであり、これはクラウド時代のデータハブと位置づけられる」とテラスカイ代表取締役社長の佐藤秀哉氏は語る。

 また佐藤氏は「Salesforceでは画面のレイアウトなどもVisualforceという環境でのコーディングが必要だったことも導入の障壁。これをテラスカイのSkyEditor2はDrag&Dropで可能にした」とつけ加えた。

 クラウド上のデータと企業内のシステムを連携させるという課題は、企業の情報システム部門にとって非常に重要なテーマである。

 多くのSIerやベンダーがこの分野でのソリューションを展開し始めている。

 NTTグループの大手SIerと、クラウド技術をもつ企業との今回の提携は、日本のSI市場のクラウドの今後を知る上で注目に値するだろう。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5