SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTソフトウェア、オフィスのOA機器や照明の節電が可能な「らくらく自動節電」を販売

社員の位置情報や属性を活用して電源ON/OFFを自動制御

「らくらく自動節電」は、テナントビルに入居している企業のオフィスにも簡単に低価格で導入できるという。手動で機器の電源ON/OFFを行う場合、コピー機やプリンタ等の共用機器を消し忘れることが多くのに対して、このような機器類の節電を徹底し、待機電力カットを自動化することで、従来よりも大幅な電力削減やオフィス機器からの発熱を抑止することにより、空調負荷の軽減が可能だとしている。

この製品は、どの部署の、誰が、どこにいるかという社員の位置情報から、フロア単位や部署単位などに絞って、使用していない照明やオフィス機器の電源OFFを行うことで、不要な電力をカットすることができるという。また、電力使用ピーク時における節電のために、スケジュールに応じて機器類の電源ON/OFFも行うことができるという。

自動ON/OFFの制御対象となるのは、パソコン(スタンバイ/休止/シャットダウン)、プリンタ、ディスプレイなどのOA機器、照明などのビル設備、PoE(Power over Ethernet)による給電を行っている無線アクセスポイント、固定電話機など。

位置情報節電、スケジュール節電、センサー節電という3つの方法で電源制御が可能だという。位置情報は、社員が持つ無線LAN(Wi-Fi)機能を持つ端末等から、リアルタイムに把握するとしている。具体的には、7月の出荷時には無線LAN搭載の携帯電話機のみに対応するが、以後、ほかの端末にも秋までに対応する予定だという。

■ニュースリリース
http://www.ntts.co.jp/whatsnew/2011/110519.html
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3141 2011/05/19 16:26

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング