SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

バラクーダネットワークス、Eメールセキュリティ「Spam & Virus Firewall Plus」を国内販売

アプライアンスとクラウドを統合したEメールセキュリティソリューション

クラウドサービスの「Cloud Protection Layer」を統合することで、アプライアンスとクラウドのハイブリッドモードで動作し、アプライアンスのみの場合と比較して、クラウドが持つ拡張性、信頼性、そして継続性を得ることができるという。

発表によると、「Barracuda Spam & Virus Firewall Plus」は、クラウドサービスである「Cloud Protection Layer」により、次のような特徴を備えているという。

・デュアル保護ポイント:アプライアンスおよびクラウドの2つのポイントで、スパムやウィルスの脅威を防御。

・Eメールのバースト対応:トラフィックのピーク時やスパムの大量受信時におけるEメールの急増を抑制。

・脅威に対する迅速な対応:バラクーダラボやバラクーダセントラルで収集・解析している脅威情報を活用し、リアルタイムでアップデートを実施することで、常に変化する脅威に継続的に対応。

・Eメールの継続性:Eメールのスプール処理により、最大4日間までのキューイングと、Eメールを別の場所にルーティングするためにバックアップMXを指定することで、障害またはシステムの停止時におけるシームレスなデ ィザスタリカバリを実現。

・Eメールの暗号化:クラウド内の鍵の一元管理によるEメールの暗号化。

■ニュースリリース
http://www.barracudanetworks.com/ns/news_and_events/index.php?nid=475

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3157 2011/05/24 15:43

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング