SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、サービス実行基盤ミドルウェア「WebOTX V8.4」を発売

「Salesforce」との連携機能実現など製品を強化

「WebOTX V8.4」は、「パブリッククラウド連携機能を実現したESB(Enterprise Service Bus)製品」「クラウド環境への導入容易性を向上したアプリケーションサーバ」「信頼性・運用性を向上したバッチサーバ」の3点が強化ポイントであるとされている。

「WebOTX Enterprise Service Bus」は、ESB製品としては初めてセールスフォース・ドットコムのパブリッククラウド「Salesforce」との連携機能を実現。また、アプリケーションサーバ「WebOTX Application Server」は、1台のサーバーに本製品をインストールすれば、そのインストール情報を他のサーバーにコピーできる「インポート機能」ならびに、仮想サーバのスケールアウトを自動化する機能を実現したという。さらに、「WebOTX Batch Server」は、処理するバッチプログラムの優先順位を判断して、重要なジョブから順番に処理する機能や、負荷状況に応じて最適なバッチサーバへ処理を振り分ける機能により、大規模バッチ処理を安定的に実行することが可能だという。

今回発表された「WebOTX V8.4」の5製品は次の通り。

・WebOTX Enterprise Service Bus V8.4
 多種多様なシステムのスムーズな連携を実現

・WebOTX Application Server Express V8.4
 小規模システム向け。パッケージソフトとの組み合わせでハイパフォーマンスを実現

・WebOTX Application Server Foundation V8.4
 小・中規模システム向け。シンプルな高信頼システムを低価格で実現

・WebOTX Application Server Standard V8.4
 中・大規模システム向け。厳しい信頼性要求にも応える本格的な高信頼、高可用システムを構築可能

・WebOTX Application Server Enterprise V8.4
 超大規模システム向けの高度な実行基盤

・WebOTX Batch Server Standard V8.4
 高信頼性を要求するシステム向けバッチ実行基盤

■製品強化の詳細
http://www.nec.co.jp/press/ja/1105/images/2501-01-02.pdf
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3163 2011/05/25 17:58

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング