EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「IBM データセンター統合・移転サービス 論理的依存図分析支援」サービス 日本IBM、短期間でのデータセンター移転を支援するサービスを提供開始

  2011/06/13 12:39

日本IBMは、企業がデータセンターの移転や、バックアップ・センターの構築を検討する際に、移転作業を容易にするツールを活用し、短期間で確実にデータセンターの移転を支援するサービス「IBM データセンター統合・移転サービス 論理的依存図分析支援」を6月13日から提供すると発表した。
 

データセンターの移転などに伴うIT機器の移設は、予期せぬシステム停止が発生しないよう、機器情報や複数機器の依存関係をあらかじめ正確に把握する必要があり、今回提供されるサービスは、それを短期間で正確に実施できるという。

「IBMデータセンター統合・移転サービス 論理的依存図分析支援」は、IBMのワトソン基礎研究所が開発した数学的モデリングを適用し、複数のアプリケーションやサーバーの依存関係を調査し図示するツール「ALDM(Analytics of Logical Dependency Mapping)」を活用するという。ALDMを活用することにより、手作業で機器情報や依存関係を調査する場合に比べ、半分程度の時間で、サーバー、アプリケーションなどの資産情報や依存関係を調査できるとともに、人的ミスによる調査漏れも防ぐことができるとしている。

■ニュースリリース
http://www-06.ibm.com/jp/press/2011/06/1301.html
 

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5