SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

世界初の全自動ストレージロボット「Drobo」、ついに日本上陸

 ネットジャパン・サイバートは、4月14日よりUSB接続のストレージデバイス「Drobo」の国内販売を開始する。3.5インチSATA I、SATA IIに対応し、最大4台のハードディスクを格納することが可能だ。

Drobo+Droboshare
Drobo+Droboshare

 Drobo(ディーロボ)のキャッチフレーズは「世界初の全自動ストレージロボット」。ロボットと言うだけあって、ディスク管理のほぼ全てを自動で行う。ユーザがDroboにハードディスクをセットすると自動的にディスクアレイが組まれるため、専門的な知識を必要としない。RAID方式ではなく独自の仮想化ストレージ技術を採用し、異なるメーカー、容量のハードディスクを共存させることが可能だ。また、ホットスワップにも対応しているので、いつでもディスク容量を拡大、縮小することができる。

 さらに、アップグレードモジュール「DroboShare」をDroboと接続することで、NASとして利用することもできる。NTFS(Windows)、HFS+(Mac OS X)、EXT 3(Linux)、及びFAT 32(クロスプラットフォーム)に対応しており、OSが混在するネットワーク環境でもファイルシステムを変更する必要がない。

 Net Japan On-line Shopから購入することができ、Drobo本体が77,700円、Drobo+Droboshareが114,450円となっている。

 
【関連リンク】
Drobo
Net Japan On-line Shop

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

松藤 壯太(編集部)(マツフジ ソウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/328 2008/04/08 20:02

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング