SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAPジャパン、インメモリソフトウェア「SAP HANA」の導入を支援するサービス3種を発表

導入における不確定要素や課題を解消しROIの高い導入を支援

SAP HANAは、企業が意思決定を行うためのリアルタイム情報分析を実現するソフトウェアとして、事前の導入効果検証や効率的な導入が求められているという。今回発表された3つのサービスは、そうしたユーザーのニーズに応えるものだとしている。

発表によると、3つの導入支援サービスの概要は次の通り。

・「データウェアハウス高速化アセスメント」
 現在のシステムに対し、その使用目的や使用方法などを専門の導入コンサルタントが検証し、既存システムのチューニングなどによる解決方法やSAP HANAを活用した解決方法を合わせて検証する導入前机上シミュレーションサービス。

・「Proof of Concept 実機検証サービス」
 企業内の実際のデータをもとに、SAP HANAの革新的な技術を検証したいというニーズを実現した検証サービス。SAPジャパン内にあるSAPグローバル共同開発センターのCOIL Tokyo(SAP Co-Innovation Lab Tokyo)において、顧客企業の環境を再現した実機による検証が可能。

・「分析テンプレートを用いた導入コンサルティングサービス」
 SAPのERP導入経験を活かし、販売・在庫・購買・会計管理分野において、事前定義、かつテスト済みの分析テンプレートと定義文書を用いたサービス。

■ニュースリリース
http://www.sap.com/japan/about/press/press.epx?pressid=17286
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3294 2011/07/05 14:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング