EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

物理サーバの性能とクラウドの使い勝手を兼ね備え、SSD、ioDriveも選択可能 さくらインターネット、最速10分納品で複数台構成も可能な「さくらの専用サーバ」を提供開始

  2012/02/21 00:00

さくらインターネットは、物理サーバの性能とクラウドの使い勝手を兼ね備えた専用サーバサービス「さくらの専用サーバ」を2月29日から提供開始すると発表した。
 

今回発表された「さくらの専用サーバ」は、物理サーバの高機能性とクラウドの使い勝手を併せ持った新しい専用サーバサービスだという。従来の専用サーバは、利用開始まで日数を要し、OSインストールやサーバ再起動は事業者に依頼する形のサービスが一般的だったが、「さくらの専用サーバ」は、“オンデマンド・セルフサービス・スケールアウト”をコンセプトとして、性能(スケールアップ)だけでなく、使い勝手の面でもクラウドに迫るサービス内容を実現したとしている。

申し込みから利用開始までは最速10分、OSインストールやサーバ再起動はコントロールパネルからオンライン可能となり、コンソール画面へのアクセスも提供、サーバ台数上限なく増やせるという。

サーバラインアップは、最速10分納品の「エクスプレスシリーズ」と、CPU、メモリ、ストレージなどフルカスタマイズ可能なBTO タイプの「フレックスシリーズ」の2種類。信頼性の高いメーカー製サーバ「HP ProLiant DL2000」と「DELL PowerEdge R510」を採用しているという。

両シリーズともに、内蔵ストレージとして高速なSSDを選択でき、「フレックスシリーズ」ではFusion-io社のioDrive の利用も可能だという。

「さくらの専用サーバ」は、昨年11月15日に開所した国内最大クラスの大規模デタセンターである石狩データセンターをファシリティとし、「さくらのクラウド」に続く第二弾サービスとして提供するという。

■ニュースリリース
http://www.sakura.ad.jp/press/2012/0221_dedicated.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5