Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ドキュメント取扱い担当者に、業務プロセス改革・スマートデバイス活用・クラウド活用を紹介 富士通、「新しいワークスタイルを実現する新時代のECM/文書管理」セミナーを4月12日に開催

  2012/03/22 14:00

富士通は、「新しいワークスタイルを実現する新時代のECM/文書管理」と題したセミナーを4月12日に、東京・浜松町の富士通トラステッド・クラウド・スクエアで開催する。
 

このセミナーでは、企業や文書を取り巻く環境の変化やIT環境の変化と合わせ、より便利でセキュアなワークスタイルを実現するECM/文書管理ソリューションの活用法について、「業務プロセス改革」「スマートデバイス活用」「クラウド活用」などの視点を織りまぜて紹介するという。

受講対象者は、企業の業務・管理部門、営業部門、経営企画部門など、日常業務における各種ドキュメント文書の取扱いに関わるマネージャーや担当者としている。

当日は、「企業を取り巻く環境・IT環境の変化に対応する 新時代のECM/文書管理とは」「紙文書の電子化とスマートデバイス対応で実現する業務プロセス改革」「社内外の機密文書もクラウドでシェア セキュアな情報共有を実現するIRM」「業務テンプレートとクラウドで今すぐ始める文書管理」といったセッションが予定されている。

■開催概要
日時:2012年4月12日(木)14時30分~17時(受付開始:14時)
会場:富士通トラステッド・クラウド・スクエア(東京・浜松町)
定員:40名
受講料: 無料(事前登録制)
主催:富士通
共催:富士通総研、PFU、富士通システムソリューションズ、富士通中国システムズ

■セミナーの詳細と参加登録
http://fjid.jp.fujitsu.com/events/seminar/2012/04/12003821.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5