SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立、ビッグデータの戦略的活用を支援する「vRAMcloud」を提供開始

今回は、「vRAMcloud」の第1弾として、金融機関向けに、拡張性高いプライベートクラウドによる構築ソリューションを提供するという。このソリューションにより、ビッグデータ活用による金融商品の新たな開発やさらなる顧客サービスの改善といった金融機関における業務革新の実現を支援するとしている。

「vRAMcloud」は、ストリームデータ処理や超並列処理など日立のさまざまなソフトウェア製品のほか、これらの製品間をつなぐフレームワークで構成されているという。このフレームワークを活用することで、これまでデータの格納場所や、構造、内容の違いにより統一的な管理の難しかったデータ管理の一元化を実現し、さらに複数の分析エンジンを組み合わせ、データの特性に応じて高度な分析・処理を実現する情報処理基盤を構築するという。

このフレームワークにおいて、効率的なシステム開発に必要なさまざまな分散処理における設計技法やドキュメント群をあらかじめ整備しているため、構築時間やコストを大幅に圧縮することが可能になるとしている。

今後、「vRAMcloud」を、金融機関のほか交通分野や流通業界など他業種向けにサービスを拡張させていくという。また、将来予測を意思決定に活かすビジネス・アナリティクス*5の実現に向けて、新しい論理分析エンジンの開発や先端技術を取り入れたフレームワークの拡充など、さらなる開発を進めていくとしている。

■「vRAMcloud」の詳細
http://www.hitachi.co.jp/products/it/finance/solutions/platform/vRAMcloud.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3877 2012/03/27 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング