SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立システムズ、SaaS型統合監視サービス「App Bridge Monitor」の30日間無料トライアル提供

「App Bridge Monitor」は、パブリッククラウド、オンプレミスを含むハイブリッドな環境のサーバーやミドルウェアをインターネット経由で監視できるSaaS型統合監視サービス。SaaS型サービスとして月額945円から始められため、監視システム保有に対する投資負担を最小限におさえることができるとしている。

「App Bridge Monitor」の監視項目は、ハートビート監視、メモリ監視、CPUビジー監視、ディスクビジー監視、ディスクスペース監視、ネットワークビジー監視などだという。

このサービスの主な特徴は次の通り。

・企業ネットワークにあるほとんどのサーバーを監視可能
・Proxyサーバーに対応
・監視データをHTTPSで送付
・「App Bridge Monitor Central Unit」以外にはグローバルIPアドレスが不要

このサービスの監視対象となるのは、「Windows Server 2003」「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」「Windows Azure」「SQL Azure」の環境にあるサーバーなど。

なお、日立システムズは、「App Bridgeシリーズ」として、2011年4月から「App Bridge Monitorを提供。さらに、2012年4月から複数拠点のシステム間連携を実現できる「App Bridge Executor」を、そして、2012年中にはクラウド環境のスケール制御を実現する「App Bridge スケール制御(仮)」を提供する予定だという。

■サービスの詳細と無料トライアル申し込み
http://www.hitachi-systems.com/ind/appbridge/campaign/campaign01/index.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3887 2012/03/30 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング