EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

BPMとCEP機能を統合し、BRMSの低価格化の実現とITの俊敏性向上を図る レッドハット、ビジネスルール管理プラットフォーム「JBoss Enteprise BRMS 5.3」を提供開始

  2012/07/18 12:00

レッドハットは、BPM(Business Process Management)とCEP(Complex Event Processing)機能を統合したビジネスルール管理のプラットフォーム「JBoss Enterprise BRMS5.3」を7月18日から提供すると発表した。
 

BRMS(Business Rule Management System)は、企業ITにおいてビジネスルール処理の自動化と俊敏性の向上に有用なソリューションとされているという。しかし、これまでのBRMSは、適用シーンの難しさや導入コストが高価であるなどの理由から、一部の特殊業務への適用にとどまっていたという。 レッドハットでは、オープンソースソフトウェアとして「JBoss EnterpriseBRMS」を投入することで、BRMS市場の低価格化を図るとしている。

また、BRMSの適用範囲を、BPM領域、大量データに対するパターンマッチングにより必要なビジネスアクションをリアルタイムに発見すること、実行するCEP(Complex Event Processing)領域にまで広げることで、企業ITの俊敏性を向上できるようになるとしている。

発表によると、「JBoss Enterprise BRMS 5.3」の特徴は次のとおり。

・BPMN2.0対応のBPM機能を追加
 ビジネスプロセス管理のための標準であるBPMN2.0(Business Process Notation 2.0)に対応したjBPM5を搭載。BPMN2.0の機能を統合することで、ビジネスプロセス管理システムから複雑性の排除を実現。これにより、ビジネスルール管理システムは知的な意思決定支援システムのように振る舞い、多くのビジネスプロセスが有機的に統合可能に。

・BRMSと融合したCEP機能
 CEPは、さまざまなビジネスイベント、システムイベントなどの複合データから最適なアクションを動的に導き出す仕組みとして注目されている。「JBoss Enterprise BRMS」は、大量データから重要なビジネスイベントを発見するために、 ビジネスルールエンジンを活用し、データに対するパターンマッチングをCEP技術により実行。これにより、一般的なプログラム開発では発見が難しい、大量データから予知するビジネス兆候をリアルタイムなシステムイベントして発見可能に。また、統合されたBPM機能を利用することで、発見されたイベントに最適なビジネスプロセスを実行可能。

・ブラウザによる操作性の向上
 Web2.0の操作性を提供するWebブラウザでのビジネスルール管理機能を提供。BPMN2.0の表記に対応したBPMモデリングがWebブラウザから操作可能。また、従来よりビジネスルール記述、ディシジョンテーブルの作成、作成したビジネスルールの検証などもすべてWebブラウザから操作可能。Webブラウザから登録されたビジネスルール、BPMモデリングは、「JBoss Developer Studio」の開発環境からも操作可能。

■「JBoss Enterprise BRMS」の詳細
http://jp.redhat.com/products/jbossenterprisemiddleware/business-rules/
 

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5