SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

GMOクラウド、パブリッククラウドの「マルチロケーションサービス」でマレーシアに新拠点を開設

日本・米国・マレーシアの3拠点が選択可能に

GMOクラウド社は、日本企業の海外進出をITインフラの提供を通じて支えるために、マレーシアのクアラルンプール市内に、日本の東京、米国のサンノゼに次ぐ3つ目のデータセンターを開設することにしたという。

「GMOクラウドPublic」は、マレーシア拠点においても、VM(仮想マシン)に対して自由にリソースを割り当てられる効率のよさや、複数台構成から大規模システムまでを容易に組むことができる柔軟性、豊富な機能といった、利便性の高い機能が変わらずに利用できるとしている。

発表によるとマルチロケーションサービスの特徴の次のとおり。

・管理画面から複数拠点のコントロールが可能
 「GMOクラウドPublic」独自の管理画面「クラウドポータル」では、東京とサンノゼ、マレーシアの複数拠点を利用する場合でも一括管理することが可能で、拠点ごとに複数の管理画面を操作する必要がない。

・ハイパーバイザーとして多機能で安定性に優れた「Xen」を採用
 海外でビジネスを展開する際には、サービスの安定性、高可用性が非常に重要視されることから、マレーシア拠点のクラウド環境においても、東京・サンノゼ拠点と同様に、多機能で安定性に優れた「Xen」をハイパーバイザーとして採用。

・日本語サポートが365日無料で利用可能
 マレーシア拠点を利用する場合でも、電話・メールでの日本語サポートを無料で用意。

■マレーシア拠点のプラン概要
http://www.gmocloud.com/price/my.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4162 2012/08/21 16:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング