Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本・米国・マレーシアの3拠点が選択可能に GMOクラウド、パブリッククラウドの「マルチロケーションサービス」でマレーシアに新拠点を開設

  2012/08/21 16:30

GMOクラウドは、パブリッククラウドサービス「GMOクラウド Public」において、マレーシアに新たなデータセンターを開設し、8月21日から提供を開始すると発表した。「GMOクラウド Public」は、ビジネスの海外展開やBCP対策、ディザスタリカバリ対策として、日本(東京)と米国(サンノゼ)の2拠点でパブリッククラウドを利用できる「マルチロケーションサービス」を提供してきた。このたびのマレーシア拠点の追加によって、3拠点での展開になるという。
 

GMOクラウド社は、日本企業の海外進出をITインフラの提供を通じて支えるために、マレーシアのクアラルンプール市内に、日本の東京、米国のサンノゼに次ぐ3つ目のデータセンターを開設することにしたという。

「GMOクラウドPublic」は、マレーシア拠点においても、VM(仮想マシン)に対して自由にリソースを割り当てられる効率のよさや、複数台構成から大規模システムまでを容易に組むことができる柔軟性、豊富な機能といった、利便性の高い機能が変わらずに利用できるとしている。

発表によるとマルチロケーションサービスの特徴の次のとおり。

・管理画面から複数拠点のコントロールが可能
 「GMOクラウドPublic」独自の管理画面「クラウドポータル」では、東京とサンノゼ、マレーシアの複数拠点を利用する場合でも一括管理することが可能で、拠点ごとに複数の管理画面を操作する必要がない。

・ハイパーバイザーとして多機能で安定性に優れた「Xen」を採用
 海外でビジネスを展開する際には、サービスの安定性、高可用性が非常に重要視されることから、マレーシア拠点のクラウド環境においても、東京・サンノゼ拠点と同様に、多機能で安定性に優れた「Xen」をハイパーバイザーとして採用。

・日本語サポートが365日無料で利用可能
 マレーシア拠点を利用する場合でも、電話・メールでの日本語サポートを無料で用意。

■マレーシア拠点のプラン概要
http://www.gmocloud.com/price/my.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5