SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オリゾンシステムズ、仮想デスクトップ「VERDE」をアプライアンスとして販売開始

「IBM折紙付構成」をx3650 M4サーバ、仮想ソフト、ゲストOSでアプライアンス化

「IBM折紙付構成」は、IBMのSystem x/BladeCenterで動作確認が行われたソリューションが構成例と共にWebサイトで紹介されるものだという。VERDEの「IBM折紙付構成」として紹介されたのは、50ユーザ規模の「VERDE折紙付単体構成」と、150ユーザ規模からスタートして大規模構成に拡張可能な「VERDE折紙付クラスター構成」の2種類。

オリゾンシステムズは、このうち、50ユーザ規模の「VERDE折紙付単体構成」をアプライアンス化し「VERDE折紙付単体構成パック」として、9月6日より販売開始するという。

「VERDE折紙付単体構成パック」は、IBM System x3650 M4サーバ1台に、動作確認済みのVERDEの50同時使用ユーザ数ラインセンスをプリインストールし、仮想デスクトップ環境(VDI)をシンプルに構築するパッケージ。仮想化ソフトVERDEだけでなく、ゲストOSもプリインストールされているので、短期間で運用開始でき、初期導入のコストや作業負荷を大幅に低減できるとしている。

■製品構成
・ハードウェア
 VERDEサーバ:System x3650 M4(モデルF2J)1台
・ソフトウェア
 VERDE:ソフトウェアライセンス 50シート
 Hyper Visor Linux:SUSE Linux Enterprise Server
 ゲストOS:Ubuntu (Windows利用の場合は別途)

■VERDEと「VERDE折紙付単体構成パック」の詳細
http://www.orizon.co.jp/products/verde/index.html

■「VERDE折紙付構成」の紹介ページ
http://www.ibm.com/systems/jp/x/solution/verde/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4198 2012/09/06 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング