SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アジア最大級のモバイルインターネットイベント『GMIC(グローバル・モバイル・インターネット・カンファレンス)』10月19日、20日、シリコンバレーで開催

米国時間10月19日、20日に米カリフォルニア州サンノゼ市のSan Jose McEnery Convention Centerで、「GMIC SV(シリコンバレー)」が開催される。主催は中国の長城会(Great Wall Club、略称GWC)。

 GMIC(グローバル・モバイル・インターネット・カンファレンス)は、モバイルインターネットをテーマにしたイベント。ビジネスマッチングサービスやPR企画の立案・実施・運営を提供している、2009年から毎年北京で開催されており、今年5月に開催された「GMIC 2012」では5000人を超える参加者が参加しイベントの規模はアジア最大級となり、10月にシリコンバレーでの開催も決定した。

 GMICシリコンバレーでは、米エバーノート CEOのフィル・リービン氏やフェイスブック VPのバーン・スミス氏、日本からはインフィニティ・ベンチャーの田中章雄氏など業界を代表するキーマンたちが講演を行う。イベントの概要は以下の通り。

 またスタートアップ・ベンチャーのコンペティション「G-Startup」もおこなわれる。

  • 開催時間:2012年10月19日(金)~20日(土)※アメリカ時間
  • 会場:米カリフォルニア州サンノゼ市 San Jose McEnery Convention Center
  • 主催:Great Wall Club Inc (US)
  • 参加料金:チケットの種類はVIP、エグゼクティブゴールド、エグゼクティブ、ディベロッパーがある。詳細はこちら
  • プログラム:詳細はこちら
  • 同時通訳 : 日・英・中の同時通訳有り
  • 問い合わせ:GWC日本オフィス(gwc-japan(at)greatwallclub.com)

【関連記事】
GMIC2012でテンセント、チャイナユニコム、Evernote、Flipboardなどが中国市場戦略を語る
『GMIC2012(グローバル・モバイル・インターネット・カンファレンス)』5月10日-11日、北京で開催

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4242 2012/09/22 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング