SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTT Com、「Biz ホスティング Cloudn」を機能強化、大規模サイト構築も可能に

Auto Scaling機能や仮想サーバーを複数データセンターに分散構築する機能などを追加

今回の機能強化により、「Biz ホスティング Cloudn」の信頼性、拡張性、利便性が大幅に向上し、大規模で膨大なアクセスへの対応や高信頼性が要求されるソーシャルゲームやECサイトなどのシステム基盤として利用することができるようになるとしている。

発表によると「Biz ホスティング Cloudn」で新たに提供される機能の概要は次のとおり。

・Auto Scaling:設定したポリシーに応じて仮想サーバーを自動的に増減
・Load Balancing Advanced(LBA):トラフィックを複数の仮想サーバーに負荷分散
・Facility Redundancy Zone:高信頼なシステムを構築するために仮想サーバーを構築するデータセンターを選択できる機能
・File Storage:利用が容易で大容量・高信頼のNFSプロトコルのファイルストレージ
・Relational Database(RDB):複数拠点で冗長化されたリレーショナルデータベース(MySQL)
・DNS:拠点間の切替などにも利用できるAPIを備えた高信頼なDNS機能
・Monitoring:仮想サーバーなど、各コンポーネントのモニタリング機能
・Provisioning:複数台構成の仮想サーバー群をまとめて構築する機能

また、新機能の主な特徴は次のとおり。

1. 仮想サーバーの増減や負荷分散を自動化し、アクセス集中にも対応できる拡張性を確保---Auto Scaling、Load Balancing Advanced(LBA)
 インターネットトラフィックの状況に応じて、予め設定した条件に基づいて仮想サーバーを自動的に増減(スケールアウト/スケールイン)したり、複数のデータセンターにある仮想サーバーに分散可能。これにより、トラフィックが集中する大規模なECサイトなどの構築・運用などにこのサービスを利用可能。

2. 仮想サーバーなどを複数データセンター分散で、信頼性の高いシステムを構築可能---Facility Redundancy Zone、DNS
 仮想サーバーなどを複数のデータセンターに分散できるため、DNSの拠点間切り替え機能と組み合わせた冗長化により、信頼性の高いシステムを本サービス上に構築可能。これにより、企業の情報システムなど高い信頼性や継続性を必要する場合でも利用可能に。

3. 柔軟で信頼性の高いリレーショナルデータベースを簡易に構築・運用可能---Relational Data Base
 複数拠点で冗長構成されたMySQLによるリレーショナルデータベースを、簡単に構築・運用可能。データベース管理から解放され、柔軟に規模などを変更することができるデータベースを安価に利用可能になるため、手間をかけずに柔軟にアプリケーション開発・運用をすることが可能に。

4. カスタマポータルを一新、仮想サーバーの構築や運用監視などセルフマネジメント機能の利便性向上---Monitoring、Provisioning
 今回一新したカスタマポータルでは、システム単位の仮想サーバー群をまとめて構築する機能や、CPUなどの利用状況を監視する機能を拡充。ユーザーによる効率的なシステム構築・運用が可能に。また、シングルサインオン機能を拡充することで、サービスごとのログインが不要となり、料金照会などもカスタマポータル上で一元的に実施可能。

なお、2012年12月から提供している「Biz ホスティング Cloudn PaaS」を3月28日からカスタマーポータルから直接購入・利用できる形にして提供するという。

■ニュースリリース
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20130328.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4680 2013/03/28 11:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング