SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

エンバカデロ、メタデータガバナンスプラットフォーム「Embarcadero CONNECT」を発表

ガバナンス、コンプライアンス、セキュリティを高め、企業データの有効活用を促進

「CONNECT」は、複数のデータベースなどの重要なデータに対して、関連するビジネスコンテキストを結び付け、共有することができるという。データベースツールとも連携するため、これまで利用してきたツールの価値をより高め、データガバナンスのより一層の促進が可能になるとしている。

「CONNECT」は、エンバカデロのデータ管理プラットフォームのコアコンポーネント。データベース管理者から、アーキテクト、設計者、開発者、ガバナンス管理者、ビジネスユーザーに至るまで、組織内の関係するすべてのユーザーに対して、既存のテクノロジーの変更を必要としない、共通のコラボレーションインフラを提供するという。

「CONNECT」は、利用可能なすべてのデータソースに対して、単一の検索可能なレジストリ「エンタープライズ・インフォメーション・マップ」を作成することができ、データ管理ツールとビジネス定義の統合を実現するという。ユーザーは、ビジネスポリシーに従いながら、権限に基づいてより多くのデータを有効活用できるようになるという。

発表によると、「Embarcadero CONNECT」の主な機能は次のとおり。

・エンタープライズ・グロッサリー:拡張可能なエンタープライズ・グロッサリーにより、企業内で共通のビジネス定義を表示、保存、一元管理。

・データソース・レジストリ:有効なデータソースをすべて登録した検索可能な単一のレジストリにより、検索に費やす時間を削減。

・ソーシャル・エンタープライズ・コラボレーション:活動や議論の流れ、通知、フォロー、いいね、といったソーシャル機能を組織内のコラボレーションに活用。

・インライン定義:登録されたデータ要素やビジネス用語を、データベースツールで直接表示。

・セマンティック・マッピング:テーブル、列、エンティティ、属性などの重要なデータ要素にビジネス用語を関連付け。

■製品の詳細
http://www.embarcadero.com/jp/products/connect

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5183 2013/09/25 14:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング