EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データセンター向けインテルSSDストレージのキャッシュデータを最適化 エクセルソフト、「インテルCache Acceleration Software(CAS)」を販売開始

  2013/11/19 14:00

 エクセルソフトは、インテルが提供するデータセンター向けインテルSSDストレージのキャッシュデータのパフォーマンスを最適化する「インテルCache Acceleration Software(CAS)」を11月19日から日本国内で販売を開始すると発表した。

 「インテルCache Acceleration Software」は、データセンター向けインテルSSDと組み合わせることにより、サーバーとストレージ間で発生するアプリケーションI/Oの遅延を解消し、アプリケーションのパフォーマンスを向上できるという。

 サーバーストレージのホットデータをDRAMメモリーへキャッシュし、ウォームデータをFlashまたはSSDへキャッシュし、コールドデータをプライマリー・ストレージへ移行し、キャッシュデータを最適化するという。

 インテルが提供するソリューションは、大きな費用をかけずに、サーバー上にソフトウェアをインストールし、高速なSSD/Flashメディアを使用してホットデータをキャッシュし、インテリジェント・キャッシングを使用して、バックエンドからストレージまで、I/Oレイテンシーを削減し、ターゲットのアプリケーションのパフォーマンスを向上するとしている。

 発表によると製品の主な特徴は次のとおり。

 ・シームレスにアプリケーション高速化
  物理サーバーおよび仮想マシンで起動するアプリケーションをシームレスに高速化。ストレージの交換やアプリケーションの設定の変更など管理に要する工数は必要はなく、Microsoft Exchange、SQL Serverなどのビジネス・アプリケーションでは大幅なパフォーマンスの向上が可能。

 ・ターゲットのアプリケーションのパフォーマンスを向上
  Selective Optimized Caching機能を使用して、ストレージでパフォーマンスを向上したいアプリケーションやデータを指定可能。 

 ・仮想マシン集約度の上昇
  仮想マシンのストレージへのアクセスを最適化し、物理サーバーに対する仮想マシンの集約度を高め、1仮想マシンに対するコストを低減。 

 ・ストレージ・レイテンシーを低下
  サーバー上で、CPUに近い高速なインテルSSDにアクティブなデータを確保し、レイテンシーと成り得る原因を除去。

 ・ストレージのパフォーマンスを拡大
  ローカルやネットワーク上でシームレスにすべてのストレージを高速化。ストレージやメモリーを増やすといったトラディショナルなコストを低減。

【関連リンク】
製品の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5