SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

“プラン”ではなく“モデル”を評価する起業コンテンスト、「ビジネスモデル・コンペティション」が2月23日、日本で初開催

 中小企業の経営者、起業家、学生等がオリジナルのアイデアを基に作成したビジネスモデルの検証を繰り返して、実際の起業に向けて競い合う「ビジネスモデル・コンペティション」が、2014年2月23日(日)、日本での初開催を迎える。

 整理された財務諸表よりも、泥臭くても顧客のニーズをとらえ、顧客がどうしても買いたくなるような商品やサービスを基礎に起業することを奨励するコンテストだ。

 アメリカで開催されている「International Business Model Competition」の日本で初めてのローカルイベントという位置づけだ。本家のInternational Business Model Competitionは、2011年から実施されている。審査委員には、スティーブ・ブランク氏などを迎え、ビジネスモデルを評価する取組み実施している。

 「ジャパンビジネスモデル・コンペティション」では、本荘 修二氏(多摩大学大学院客員教授、500Startupsメンター、NetService Ventures Group顧問ほか日米企業のアドバイザー)を迎え、「なぜ頭のいい人も新事業で大ゴケするのか?~スタートアップの虚と実~」と題した、基調講演を行う。審査員には、LINE株式会社 代表取締役社長 森川 亮氏など、日本の実業界の第一人者を迎えて、ビジネスモデルを審査する。

 プログラム終了後、ネットワーキングイベントが予定され、審査員や起業家予備軍との交流も出来るイベントとなっている。

【イベント概要】

イベント名   :ジャパンビジネスモデル・コンペティション

開催日時    :2014/02/23(日) 13:30-17:00

開催場所        :日本マイクロソフト品川本社

参加料         :無料

主催           :JBMC実行委員会(旧Innovation Plus+実行委員会)

詳細・申込      : http://eventregist.com/e/JBMC1

海外提携団体 :  International Business Model Competition

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/5594 2014/02/12 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング