EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

パフォーマンス関連機能中心に強化、システムやネットワークへの負荷を軽減 カスペルスキー、Linuxファイルサーバー用セキュリティ製品に新バージョン

  2014/05/15 12:00

 カスペルスキーは、ファイルサーバー向けセキュリティ製品「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」の最新バージョン 8.0.2.172(Maintenance Pack 2 Critical Fix 1)を5月15日から提供すると発表した。

 「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」は、Linuxで構築されたファイルサーバー向けのセキュリティソリューション製品。カーネルレベルの監視を行い、ファイルサーバーをマルウェアの脅威から強力に保護するという。

 また、VMware Readyとして認定されており、仮想マシン上でファイルサーバーを稼働させる場合にも対応している。

 最新バージョンでは、パフォーマンス関連を中心に機能を拡張。これにより、業務におけるファイルサーバーの特性に合わせて、システムやネットワーク負荷を柔軟に調整したり、軽減することが可能になったとしている。

 新バージョンの主な機能拡張点は次のとおり。

 ・スキャンタスクの優先度が設定可能に
  管理ツール「Kaspersky Security Center」よりオンデマンドで実施する、マルウェアのスキャンタスクの優先度を4つのレベルで設定可能。この機能により、同じサーバー上で稼働するアプリケーションへの影響を考慮して、スキャンプロセスのシステム負荷を調整。

 ・アップデートエージェント機能の追加
  「Kaspersky Security Center」と連携して、クライアント側の管理を行うネットワークエージェントに、アップデートエージェント機能を追加。リモート拠点の複数の端末へのウイルス定義DBや、ポリシーの配信を一端末分の配信で済ませることができる。

 ・新たなOSやSambaのサポート
  「SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3」や「Samba 4.0.x」などをサポート。

【関連リンク】
製品の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5