EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウドのデジタル教材を各生徒の習熟度に合わせて選択し学習、SNSでの協働も 立命館守山とISID、クラウドとSNSによりアダプティブラーニングの実践プロジェクトを開始

  2014/05/16 13:00

 立命館守山中学校・高等学校と電通国際情報サービス(ISID)のオープンイノベーション研究所は、クラウドとSNSを用いて、アダプティブラーニング(適応学習)を実践する「RICS(Ritsumeikan Intelligent Cyber Space)プロジェクト」の開始を発表した。学校現場において、SNSとアダプティブラーニングを用いたICT環境を教育プログラムに取り入れる試みは、全国初だとしている。

 アダプティブラーニング(適応学習)とは、個々の生徒の学習進行度に合わせて、適切な問題を最適なタイミングで提供する教育手法。

 このプロジェクトでは、ISIDオープンイノベーション研究所が研究開発を進めるアダプティブラーニング・プラットフォームをベースに、クラウド上に問題単位で蓄積されたデジタル教材を、生徒1人ひとりの習熟度に合わせて、教師や生徒自身が選択し学習する仕組みを授業に取り入れるという。

 「学力・理解度」と「学ぶ対象」をシステム上で紐付けることにより、個々の生徒に合った最適な学習コンテンツの選択を可能とし、次世代の教育手法と言われるアダプティブラーニングの実践をめざすとしている。

 また、SNS機能を活用して、生徒同士が教材を評価・推薦したり、分からない部分を教師や他の生徒に質問しながら解決するなど、生徒たちが仲間と協働しながら、能動的に学習できる環境を実現するという。

 プロジェクト期間中、学校現場での実践を通じて、アダプティブラーニングに求められる環境や機能を検証・実装していく予定だという。

 初年度は、中学校・高等学校1年生全員と担当教師、合わせて約500名がiPadを持ち、英語と数学の2教科から開始する。教材は数研出版株式会社から提供を受け、対象教科や教材提供元は、段階的に拡充していく計画だという

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5